花粉症の季節に備える!コンタクトの適切な使用方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

kafunsho

毎年やってくる花粉の季節、本当につらいですよね。鼻づまりやくしゃみが止まらなくなったりもしますが、一番我慢し辛いのが目のかゆみではないでしょうか。

花粉症の季節にコンタクトを付けている人ならなおさらだと思います。今回は花粉症の時期の適切なコンタクトの使用方法を紹介します。それではどうぞ!

 

花粉症の季節はコンタクトを付けているかゆみが倍増する!

花粉というのは目に見えない非常に小さな物質です。これが花粉の時期に飛散し、人体の目や鼻に入り粘膜を刺激しあの特有のアレルギー症状を引き起こします。

この花粉がコンタクトにべっとり付いて、常時花粉まみれのコンタクトを付けているような状況になります。これではとても痒いですよね。

 

花粉の時期は思い切ってメガネに切り替える

花粉の時期は思い切ってメガネに切り替えるのも一つの方法です。

メガネメーカーのJINS!から花粉症対策のメガネも出てきているのでそちらを利用すると、コンタクトに花粉症が付いて、常時それを目に付けているという最悪な状況は免れます。

 

メガネが難しい人は1dayタイプのコンタクトに切り替える

メガネに切り替えるのが難しい方は使い捨てのコンタクトに切り替えるというのも一つの方法です。花粉は非常に小さくなかなか洗浄液でも落としにくいです。

花粉症の時期だけ1dayタイプのものに切り替えたほうがお手入れの手間も省けますし、いつでも新品の状態のコンタクトを使用することができます。

 

痒み対策に抗アレルギータイプの目薬を使用する

新品のコンタクトを使用しても、花粉症対策のメガネを使用してもどうしても目が痒いという状況になると思います。

その時はアルガードのような市販されている抗アレルギーの目薬を点眼するとよいです。病院から処方された目薬でもOKです。目が痒くて痒くて仕方ないと思いますが、目は絶対にかかないで下さい。

目は掻けば掻くほど痒みが増加していくので、決して掻かないで下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。花粉症の季節にはコンタクトを思い切って替えてみたり、メガネにすることがいいと思います。また花粉は治すものではなく、アレルギーなので症状をいかに軽減するかを念頭に置いて下さい。

方法としては眼科に行く、時間がなければ薬局で花粉症用の目薬や内服薬を購入すると良いでしょう。ぜひ参考にしてみてください。

花粉症で目をこすり過ぎることによるリスクはコチラで紹介しています。
花粉症にやられても目をこするな!目をこする事で起こる悪影響4選|UROKO
花粉症対策には体内から!花粉症の季節には青魚を食べて免疫力を上げる|UROKO

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.