生ゴミの嫌な臭いを発生させない4つの方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

gomibako

季節が暖かくなってくると気になるのは生ゴミの嫌な臭い。冬場は特に臭いは発生しませんが、夏場は少し放置しただけでも嫌な臭いが発生します。

今回は生ゴミの嫌な臭いを発生させない4つの方法を紹介します。それではどうぞ!

 

生ゴミの臭いとなるのは?

生ゴミの臭いとなる原因は雑菌が繁殖することで起こります。雑菌にとって生ゴミは格好のエサ場です。これに活動しやすい気温がプラスされると、生ゴミ臭が多く発生します。

 

お酢で雑菌の繁殖を防ぐ!

お酢を水で2倍ほどに薄めたものを用意します。これに新聞紙を用意し、お酢を新聞紙全体に染み渡らせます。お酢には雑菌の繁殖を抑える効果がありますので、生ゴミの臭いを防ぐ効果があります。

 

クエン酸でも雑菌の繁殖は防げる!

お酢のツーンとした臭いが苦手な方向けにはこちらの方法をオススメします。お酢と同じく、コップ1杯にクエン酸小さじ1杯を入れたものを新聞紙に染みこませます。

クエン酸にもお酢と同様に雑菌の繁殖を抑制する効果がありますので、雑菌の繁殖による嫌な臭いを防ぐことができます。

 

重曹で嫌な臭いを中和する!

雑菌が繁殖し、嫌な臭いが発生するときはゴミ箱内のpHは酸性になっています。

重曹はアルカリ性なので、ゴミ箱が臭ってきたなと感じたら上から振り掛けるとpHを中和し嫌な臭いを抑えてくれます。

 

キッチンハイターやカビキラーも効果的

キッチンハイターやカビキラーなどの塩素系漂白剤も生ゴミの嫌な臭いには効果的です。新聞紙を敷いて上からシュッとかけるだけで雑菌の繁殖を抑えてくれます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。生ゴミの嫌な臭いを防止するには雑菌を繁殖させないことがポイントです。どの方法も自宅にある身近なものですぐに実践できるのでぜひ試してみてください。

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.