花粉症にやられても目をこするな!目をこする事で起こる悪影響4選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

目を触る女性

花粉症の季節になってくると鼻のむずがゆさも辛いですが、目の痒さは我慢の限界を超えてしまいます。眼をこすりたい気持ちは分かりますが、こすったことで症状が改善されることはありません。

しかも眼をこすることで多くの悪影響がでてきます。

今回はそんな眼をこする事で起こる悪影響をまとめてみました。それではどうぞ!

 

まぶたが腫れる、腫れぼったい眼になる

眼を掻くと実は腫れぼったい眼になります。よく泣いた次の日は目がむくみますがあれは泣いたことによる影響ではなく、眼をかくことによって眼球から染み出た組織液が原因だったのです。

痒いからといって闇雲に眼をこすってしまうと、むくみを引き起こすので注意が必要です。

 

眼の掻きすぎはパンダ目を引き起こす

女性のスッピンを見てなぜ化粧を落とすと眼の周りが黒ずんでいるのだろうと不思議に思ったことありませんか?男性はみんなスッピンですが、パンダ目になっている人ってそんなにいないですよね。

これはアイメイクをする時や、化粧落としの時に眼の周りをこすることで引き起こされる摩擦黒皮症と呼ばれるものです。

眼をこすることで周りの皮膚にメラニン色素がたまりこれがパンダ目を引き起こす原因となります。

花粉による掻きすぎも例外ではありません。花粉のシーズンが来るたびに頻繁に目をこすっていると、この症状が発生するかもしれません。ご注意を。

 

 あまりこすり過ぎるとまぶたがたるんで目が小さくなる

目をこすると、ミュラー筋というのも一緒に伸びてしまいます。

このミュラー筋はまぶた持ち上げる筋肉のことでこれがゴムのようにたるんでしまうと、まぶたが下がってきて目が小さくなる可能性も。しかも厄介なことにこのミュラー筋は一度伸びきってしまうと元に戻りません。

 

これが一番恐ろしい。目の掻きすぎは網膜剥離、結膜炎を引き起こす

パンダ目になったり、まぶたがはれぼったくなるのは百歩譲ってよいとしても網膜剥離だけは嫌です。

最悪、失明する危険性がありますからね。また目をこすり過ぎると眼球に細かな傷が入り、そこから雑菌やウィルスが侵入して結膜炎を引き起こす可能性もあります。

 

でも目は必ずかゆくなる。かゆくなった時の対処法

アイボンなどでこまめに目の洗浄を行ないましょう。また顔やまつ毛に付着している花粉を落とすために洗顔するのもオススメです。

特にコンタクト使用している方は表面に花粉が付いたりするので、毎日洗浄することを心がけましょう。花粉まみれのコンタクトを付けてしまうと大変なことになります。

花粉症の人は花粉のシーズンだけ1dayアキュビューなどの1日使い捨ての今タンクとに変更するのも良いかもしれません。

色々な対策を取っても花粉で眼がかゆくなるのは避けれないと思いますが、一番効くのは病院に処方してもらった点眼薬だと思います。色々な方面から対策を施していきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。かゆさに耐え切れずに目をこすってしまうと様々なデメリットがあります。そうならないためにも、対策を取って花粉のシーズンを乗り切りましょう。
コンタクトを使用している人はコチラの記事もどうぞ。
花粉症の季節に備える!コンタクトの適切な使用方法|UROKO

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.