その食材は大丈夫?歯の黄ばみを加速させる食材を知名度順にまとめてみた

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

coffee

誰しもがいつも綺麗な白い歯でいれたらいいなと思っているはず。歯が黄ばんでいると口元が気になってしまうのではないでしょうか。歯を黄色にする主な原因は食べ物による着色汚れが原因です。一般的知られている歯を黄色にする食材からあまり知られていないものまで知名度順にまとめてみました。それではどうぞ!

その食材は大丈夫?歯の黄ばみを加速させる食材を知名度順にまとめ

誰でも知っているレベルの食材

ここでは歯を黄色くする知名度の高い食材を紹介します。毎日の生活でよく摂取する食材が多いので、なかなかそれ自体を辞めることは難しいと思いますが参考にしてみてください。

■赤ワイン

これはもう一般的だと思います。赤ワインに含まれるタンニンという成分が歯のステイン汚れの原因となります。

■カレー

カレー粉に含まれるターメリックという香辛料が歯の黄ばみの原因となります。カレーを食べる時には水をこまめに口に含み少しでも歯に付着した汚れを流しながら食べるとよいでしょう。

■コーヒー

コーヒー好きの方も注意が必要です。よく洗い残したコーヒーカップが汚れているのを見たことはありませんか?あの現象と同じことが口の中でも起きています。コーヒーを飲んだ後は水などで軽く口をすすぐとよいでしょう。

■タバコ

食材とは異なりますがタバコをよく吸う人も注意が必要です。タバコを吸っている時にフィルターをよく見て下さい。吸い終わる頃にはニコチンでフィルターがうっすら茶色くなっていると思います。コーヒーと同じように同じ現象が口の中でも起こっています。健康にもよくありませんので、タバコは辞めることをオススメします。

 

ちょっと知らない人が多いかもしれない食材

ここからはちょっと知名度が低いものを紹介していきます。

■ブルーベリー

赤ワインと同じようにタンニンが含まれており歯の黄ばみの原因となります。

■ほうれん草

ほうれん草に含まれるシュウ酸という成分が歯の表面を溶かすため着色汚れにあまりよろしくありません。栄養は豊富な食べ物ですが注意が必要です。

■スポーツドリンク

ほうれん草と同じで酸が含まれるスポーツドリンクは歯の着色汚れの原因となります。スポーツをする人でよくスポーツドリンクを飲用する人は注意が必要です。

■着色料が入った食品

本来自然界には存在しない色を無理やり着色料で色付けしている食材も注意が必要です。

 

全然知られていない、むしろ自分も知らなかった食材

■醤油やソース

実は醤油やソースも歯のステイン汚れを引き起こす原因となります。ソースはともかく、醤油を食べない日なんてない位生活に溶け込んでいるのでこれは結構ショックでした。

■抗生物質

抗生物質の中でもテトラサイクリン系の抗生物質は歯のエナメル質に作用してグレーに変色したりします。これがかなり厄介で歯の象牙質まで到達するため通常のホワイトニングでは除去され難いです。

ニキビの治療薬にテトラサイクリン系の抗生物質が使用されることがあるので、処方前に確認することをオススメします。可能であれば他の抗生物質に替えてもらったほうが無難かも。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。歯の黄ばみの原因となる一般的な食材からあまり知られていないものまで、歯に作用する食品は多岐に渡ります。一律それらを摂取しない!というわけにはいきませんので、摂取した跡のケア(口をすすぐ、歯磨きをする)を習慣付ければ歯の黄ばみの進行を抑えることができるはずです。
歯をもっと白くしたい方はコチラの記事を参考にしてみ下さい。
笑顔をもっと素敵に!歯の黄ばみをとる今すぐ始めたい習慣7選|UROKO

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.

Leave A Reply