知ってました?ココアには便秘改善、便臭やおならの臭いを改善する効果あり

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

cocoa

ココアと言えば一般的な飲み物ですが、あまり知られていない効果として便秘改善やおならの臭いを改善してくれる効果があります。

毎日飲むことで、便秘が改善したり、便の嫌な臭いを軽減してくれたります。今回はココアの知られざる効果をまとめてみました。それではどうぞ!

 

そもそもココアとはどんな飲み物?

ココアとはカカオから作られる飲料となります。カカオ豆からココアバターを取り出し、それを乾燥・粉末させた粉をお湯に溶いたものがいわゆるココアと呼ばれる飲み物です。

チョコレートと同じ原料で出来ているので、ダイエットや便秘改善にはほど遠いイメージがありますが、実はタンパク質やビタミン、ミネラルが豊富な優良食品です。

 

ココアに含まれるリグニンが便秘改善に効果あり

上記で述べたように、ココアにはタンパク質やビタミン、ミネラルが含まれていますがこの中にリグニンという食物繊維も含まれています。このリグニンという食物繊維が、便秘改善や便臭の改善に一役買っているわけです。

 

リグニンの1つ目の効果は腸内の善玉菌の働きをサポートする効果があります。腸内には善玉菌と悪玉菌が生存していてこの悪玉菌が増えすぎると腸内環境が悪化します。逆に善玉菌が腸内に増えると腸内環境が改善します。

 

2つ目の効果としては、腸管の動きを活発にしてくれることが挙げられます。腸管は通常ウネウネと動いているのですが、腸管の動きを鈍くなると便を外へ押し出す力が弱くなり、便が長く滞留することになります。

 

便が体内に長く滞留すればするほど、便から発せられる臭いが反映されますのでその分おならや体臭が臭くなってくるわけです。腸管の動きが活発になれば便が滞留することなく早く排出されるので、臭いを抑制することができます。

 

3つ目の効果は、ココアに含まれるリグニンにはそれ自体が便の臭いを吸収してくれる効果があるということです。リグニンは不溶性食物繊維に分類されるのですが、この不溶性食物繊維には臭いを吸着し、便と一緒に体外へ排出されるという効果があります。

 

ココアの効果的な飲み方まとめ

それではココアの栄養素や効果を最大限に発揮する効果的な飲み方を見ていきましょう。一番のオススメの飲み方として、1日に2杯のココアを飲むと効果を上げることができます。

食物繊維は体外へ排出されるので、定期的に補給することで、常に腸内環境を正常な状態にキープする必要があります。飲むタイミングですが、朝食時と夕食後がオススメです。

朝食時にココを飲むことで、腸の活動を活発にし排便を促します。そして、夕食後に飲むことで脂肪の吸収を抑えることもできます。

 

お湯や牛乳と割る人が多いと思いますが、オススメは豆乳です。食物繊維は単体で摂取するよりも、オリゴ糖と一緒に摂取すると効果が最も発揮されます。豆乳にはこのオリゴ糖が含まれているので、豆乳で割ったココアが一番オススメです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ココアには便秘改善や便臭の改善に効果があります。

1日に2杯程度のココアを飲むことでその効果を最大限に発揮することが出来ますので、ぜひ毎日の習慣にココアを取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

実はにがりにも体臭予防効果があります。気になる方はコチラの記事をどうぞ。
意外と知られていないにがりの体臭予防効果|UROKO

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.