知ってた?お茶の抽出時間が長ければカフェインは減少するよ。

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

tea

お茶とは毎日の生活に溶け込んでいる飲み物だと思います。仕事や勉強の合間に、午後のティータイムにと場面は様々です。お茶にはカフェインが含まれるので、やる気アップには持ってこいの飲み物ですが寝る前などはカフェインの量を調節したいものですよね。

 

実は、カフェインの量はお茶の抽出時間で調整することができます。今回はお茶の抽出時間とカフェインの関係性について紹介します。それではどうぞ!

 

カフェインの量は茶葉の抽出時間で調整できる

お茶を抽出すると茶葉からカフェインが染み出してきます。そこからさらに抽出に時間をかけると、テアルビジンという成分が抽出されます。

このテアルビジンという成分はカフェインと結合するという性質を持っています。つまりテアルビジンが抽出されればされるほど、カフェインが減少していくというメカニズムです。

 

眠気があってカフェインたっぷりのお茶が飲みたいと思った時は抽出時間を短めに取り、反対に就寝前などカフェインをあまり摂りたくない場面では抽出時間を長めにすることで量を調整することができます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。カフェインには覚醒効果や疲労回復効果があると言われています。仕事や勉強の合間に飲むと作業効率がアップしますが、就寝前などに飲むと逆に寝付けなくなります。

茶葉の抽出時間でこのカフェイン量は調整できますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

紅茶好きな方はコチラの記事もどうぞ。
知れば知るほど飲みたくなる、驚くべき紅茶の効用6選|UROKO
飲んだ事ありますか?生姜紅茶のすごすぎる効能と自宅で出来る作り方|UROKO

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.