蒸れ蒸れになった臭い靴やブーツを無臭にする方法4選

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

asikusai

靴を履いていると汗で蒸れてきて帰宅する頃にはかなり臭くなっている、という経験は誰にでもあると思います。汗で蒸れた靴内部は、臭いの原因となるバクテリアにとって絶好の住処になっているからです。

そのまま何も手入れをせず翌日またその靴を履けば、バクテリアは増えどんどん臭くなっていきますよね。今回は臭くなってしまう靴を無臭にする方法を紹介します。それではどうぞ!

 

靴のお休みを作る。使用しない靴は外やベランダで干す

毎日同じ靴を履いているとそれだけで靴に負担をかけることになります。1日おきに履くのが理想なので靴は最低3足は揃えましょう。今日履いた靴にはお休みを与えて、最低1日は靴にも休息を与えましょう。その日に使用しない靴は外やベランダで天日干しにすると良いでしょう。

 

靴の干し方は、靴底を外して紐も外して出来るだけ内部に風が通るように干してあげると良いです。靴底は洗濯ばさみで挟んで吊るして干すのも良いでしょう。

天日干しをすることによってバクテリアを除菌し、繁殖しにくい状態を作ることが出来ます。

 

靴の洗濯も忘れずに行なう

毎日靴を洗うことは難しいと思いますが、外の汚れが目立ってきたり臭いがするようになったら靴を洗ってあげて下さい。衣類も洗わなければ臭いは落ちませんよね?ましてや靴は足から出る大量の汗でヒドイ状態なので、毎日は難しいと思いますが定期的に洗ってあげることをオススメします。

靴専用の洗剤をつけて洗ってあげることで、靴内部の雑菌や外の汚れをキレイに落とすことができます。

 

帰宅後は靴に消臭スプレーを振り掛ける

玄関先にファブリーズなどの消臭スプレーを常備することをオススメします。こういった消臭スプレーには除菌効果をうたったものがあるので、除菌効果付きの消臭スプレーを選ぶようにしましょう。

帰宅後にシュッと一振りするだけで、次に履く頃には内部の除菌が完了しているので気持ちよく履くことができます。

 

(もし可能な方は・・)会社で靴を履かない

少しでも靴蒸れを防ぐため、可能な人は会社で靴を履かないという選択肢もあります。出社後にスリッパに履き替えることが出来れば、デスクワーク中の足蒸れを防ぐことができます。

職場環境によって出来る人、出来ない人に別れると思いますが足の臭いを予防する意味ではかなり効果的です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。体質にもよると思いますが多かれ少なかれ足は蒸れます。そして蒸れた状態で放っておくとバクテリアが繁殖し臭くなります。

しかし、少しのお手入れをするだけでこの嫌な臭いとはおさらば出来るのでぜひ実践してみて下さい。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。
全巻無料試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.