日本でガン患者が増え続けている意外な理由

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

doctor

現代の日本で病気などの死因で挙げられる第一位はガンです。生活習慣がガラッと変わったなど様々な理由があるかもしれませんが、日本でガン患者が増え続けるにはある意外な理由がありました。

今回は、日本でガンが増え続ける意外な理由についてまとめてみました。それではどうぞ!

 

今や国民病とでも言うべきガン。

日本の病気による死因の第一位はガンです。肺がん、大腸がんなど様々なガンがありますが永くガンは日本人の代表的な疾病としてトップに君臨しています。

 

日本でガンが増え続ける意外な理由

日本でガン患者が増え続けているのはデータにも表れている紛れもない事実なのですが、ではなぜ日本ではガン患者が増え続けているのでしょうか。

それは単純に日本人の寿命が年々伸びてきているからです。ガンとはいわゆる細胞が起こすエラーの一種で誰にでも発症する確率はあります。

 

日本人は長寿なのでそれだけガンになる機会が多いというわけですね。

発展途上国の人にガン患者が少ないのは、ガンになる前にその他の病気や事故でなくなる方が多いためです。

 

もちろん、現在の日本の生活習慣や環境はガンを引き起こしやすい環境とも言えます。

ただ、さもガンが増え続けていてガンに対する備え(保険であったり、健康食品であったり)を強迫観念的に訴えるメディアの扇動的な取り上げ方には疑問を感じます。

 

もし、日本からガンがなくなったら寿命はさらに伸びるのか?

ちなみに世界中からガンがなくなったと仮定すると、人類の寿命はどれだけ伸びるのでしょうか。ある研究では仮にガンがなくなったとしても、伸びる寿命はせいぜい5年位と言われています。

ガンがなくなったとしても、その他の病気にかかってなくなるケースはあるわけですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。日本でガンが増え続けている理由は意外だったのではないでしょうか。

いずれにしろ、ガンは日本の死亡原因の1位に上がっているのは事実です。

日ごろから不摂生を避け、適度な運動を取り病気に対するリスクを少しでも減らしていくように心がけてください。

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.