disc

DVDやブルーレイを不織布で保存している人は多いと思います。おそらく専用ケースで不織布が採用されいることがほとんどではないでしょうか。

しかし、不織布で保管すると最悪の場合、再生できなくなるリスクがあることはご存知でしたか。

今回は、不織布でDVDやブルーレイディスクを保管すると再生できなくなるケースについて紹介したいと思います。それではどうぞ!

 

不織布がなぜDVDやブルーレイに悪影響なのか

DVDやブルーレイはディスク表面の層が非常に薄い設計になっています。

ブルーレイはDVDに比べてもかなり薄いです。本来、この部分に傷が付かないように保護する目的で使用されている不織布ですが、不織布自体の模様がディスク表面に細かい模様を転写してしまう危険性があると分かりました。

 

不織布の模様が転写されれば、最悪ディスクの再生は出来なくなります。せっかく録画したDVDやブルーレイを大切に保管していたのに、再生出来なくなると本末転倒ですよね。

 

一番適切なブルーレイやDVDの保管方法

それではどのような保管方法がDVDやブルーレイの保管に適しているのでしょうか。一番オススメなのは、1枚1枚ごとにプラスティックのケースで保管することです。

保管場所は直射日光が当たる場所はNGです。また高温多湿な環境もDVDやブルーレイディスクの寿命を縮めますので避けた方が無難でしょう。

 

disc2

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。DVDやブルーレイの保管に最適だと思っていた不織布が実は、再生できなくなるリスクがあったとは夢にも思わなかったと思います。

今すぐ全ての保管を不織布からケースに変えるのは難しいと思いますが、大事なDVDやブルーレイはプラスティックケースに保管することをオススメします。ぜひ参考にしてみてください。

 
⇒2020年、注目しているおすすめ漫画10冊を厳選してみた
 

オススメ漫画アプリは?


よく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という漫画アプリです。
無料配信されている作品が多くあり「アカギ」や「僕は麻里の中」など10000冊のマンガが無料で読めます。オススメ!

 

 

あなたにオススメ