女性必見!お尻の黒ずみが出来る原因とその対策方法をまとめてみた

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

osiri1

ある日鏡に映ったお尻を見てみると黒ずみやぶつぶつが・・目に付き難い場所だから日々のお手入れがおろそかになってしまいがちですよね。なかなか気づきにくいお尻の黒ずみですが、実はこれ日々の習慣を変えるだけで改善することができます。

今回はお尻の黒ずみができる原因とその対策方法をまとめてみました。それではどうぞ!

 

そもそもお尻の黒ずみはなぜ出来る?

お尻に黒ずみが出来る原因は大きく4つに分けられます。一つは圧力や摩擦がかかったことによる色素沈着。お肌は摩擦などの負荷がかかるとその部分にメラニンが生成され、黒ずみます。

 

分かりやすい例でいうとパンダ目があります。あれは、アイメイクを施す時に目の周辺を刺激することでメラニンが生成され、黒ずむという現象です。

これと同じことがお尻にも起こります。特にオフィス仕事で長時間イスに座る人は注意が必要です。

 

二つ目はお尻の乾燥による過角化が原因で引き起こされるお尻の黒ずみです。皮膚の過角化とは乾燥により刺激を受けた皮膚が、防衛機能として、角質層を厚くすることです。

自己防衛機能が働いているのでそれはそれでいいのでは・・と思いますが、あくまで刺激に対する耐性が出来ただけであり、実際はお尻の皮膚がゴワゴワして黒ずみます。

 

三つ目はニキビや炎症による色素沈着です。お尻は下着による摩擦や、ボディーソープが合わなかったりすると顔同様に肌荒れを起こします。

 

四つ目は、女性限定ですが妊娠や出産、生理などによるホルモンバランスの乱れによって引き起こされる黒ずみがあります。

しかし、ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる色素沈着は出産を過ぎれば自然と消えていくのであまり気にすることはないでしょう。

 

注意すべきは上記3点の原因による黒ずみを気にする必要があります。

 

お尻の黒ずみを増加させない3つの習慣

お尻の黒ずみを増加させない習慣として、まずお尻への圧力や摩擦は極力避けましょう。

例えば、1日中オフィス作業でイスに座りっぱなしの人はクッションを持参しお尻への負担を減らしましょう。

 

また肌の乾燥を避けるために、お風呂上りはお尻にも保湿クリームを入念に塗りこむとよいでしょう。

お尻にできものが出来やすい人は、使用しているボディーソープを見直したりすることをオススメします。

 

それでも黒ずみが気になる人は皮膚科という選択肢がある

色々試してもどうしてもお尻の黒ずみが気になる人には病院で診てもらうという手段があります。病院では症状に応じて様々な治療法を提案してくれます。

代表的なものに、塗布剤を塗ってお尻のざらつきや黒ずみを取り除くケミカルピーリングや、レーザーを照射して黒ずみの原因であるメラニン色素を破壊するレーザー治療など様々です。

 

ビタミンCなどの内服薬を処方してくれるクリニックもありますので、自分に合った治療法を提案してくれる病院を探してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。あまり自分では気づきにくい部位だからこそ、日頃から気にする必要があると思います。鏡をみて、予想以上にお尻が黒ずんでいた人はぜひ参考にしてみてください。

 

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.