甘いものを食べないと落ち着かない・・甘いものが食べたくなる原因と対策

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

aenfuoku

なぜか無性に甘いものが食べたくなる衝動に駆られたことはありませんか?甘いものが食べたくなる、つい暴食をしてしまうという人はある栄養が不足している可能性があります。

今回は無性に甘いものが食べたくなってしまう時の原因とその対策方法を紹介します。それではどうぞ!

 

甘いものが食べたくなるという人は亜鉛不足かも?

亜鉛が不足すると身体の代謝機能が低下し細胞の成長が阻害されます。亜鉛欠乏症の子供には成長障害や貧血などの症状が見られるようになります。

大人も例外ではなく、肌荒れや味覚障害などを引き起こしたりもします。亜鉛が不足すると体内バランスが崩れ、甘いものを食べたり暴飲・暴食でこれを補おうとします。

1日に8~10mgほどを摂取するのが良いと言われているので毎日の食事に少し取り入れるだけで、この症状は改善することができます。

とりわけ女性の方は生理前などのイライラしている時に亜鉛を摂ると良いようです。

 

亜鉛が豊富に含まれる食材

魚介類でいうと、牡蠣や煮干、たらこなどが挙げられます。また肉類でいうと、牛・鳥・豚レバーが挙げられます。

牛と豚はあまりスーパーでも取り扱いがないのと食べづらさがあるので鳥レバーをオススメします。乳製品だと牛乳にもごく少量ですが、亜鉛は含まれています。

乳製品で多く含まれるのはチーズ系のもの、とりわけパルメザンチーズが含まれているのでパスタを食べる際にパルメザンチーズを振り掛けると良いでしょう。

わかめや海苔などの海藻にも亜鉛は含まれていますのでご飯のお供に乗りを食べたり、サラダにわかめを追加したりすると効果的に亜鉛を摂取することができます。

 

特にダイエット中、運動をしている人は亜鉛が不足しやすくなる

亜鉛は鉄分と同じように尿によって排出されますが、排出量は鉄よりも10倍多いとされています。

特にダイエット中や運動をする方は亜鉛が不足しやすいので、適せん亜鉛を補給するように心がけましょう。

食事での摂取が難しい時はサプリメントで亜鉛を補給するのも一つの手段です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。亜鉛が不足すると、貧血や味覚障害を引き起こし暴飲・暴食までも引き起こしてしまいます。

なかなか毎日の食生活で亜鉛を摂取することが難しい人はサプリメントなどで補給するの良いでしょう。

特にダイエット中の人や運動をしている人は亜鉛が不足しがちですので意識的に亜鉛を摂取するよう心がけてみてはいかがでしょうか。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.