洗濯槽の裏側にはカビがいっぱい!洗濯槽のカビの取り方

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

sentakusou

毎日使用する洗濯機ですが、目に見えない所には実はカビがいっぱい。当然の話といえば当然で汗や皮脂が染み込んだ衣類をほぼ毎日洗っているのに、洗濯槽の掃除というのはなかなかしないですよね。(というかなかなか出来ない)

 

なかなか掃除をし難い洗濯槽の簡単な掃除方法をまとめてみました。それではどうぞ!

 

当てはまる人は要注意!洗濯槽にカビが繁殖しているかも?

次の条件に該当する人は洗濯槽にカビが発生している可能性大です。

・洗ったばかりの衣類に小さな黒い物体(洗濯カス)がついている

・洗濯していハズの衣類がなんだかカビ臭い

・洗濯槽の中から嫌な臭いがする

・洗濯機を購入してから一度も掃除をしたことがない

いずれかの条件に心当たりがある方はカビが発生している可能性があります。キレイに洗濯したつもりが実はカビだらけの洗濯槽で洗っていたとなると何だか生理的に嫌ですよね。

特に今まで一度も掃除をしたことがない方は次で紹介する掃除方法をぜひ実践してみて下さい。

 

市販の洗濯槽クリーナーをがダメな理由

薬局に行くと洗濯槽用のクリーナーが販売されています。そのほとんどが塩素系のクリーナーですが、実は塩素系のクリーナーでは洗濯槽のカビ汚れはしっかり取れません。塩素系のクリーナーでは表面の黒カビが除去できるだけで洗濯槽にこびり付いた皮脂汚れや、頑固なカビは除去できないの現状です。

 

洗濯槽に付いた黒かびや皮脂汚れをごっそり除去する最強のクリーナー

特別な商品を購入する必要はありません。酸素系漂白剤であればOKです。購入時にラベルで確認しましょう。間違って塩素系漂白剤を購入しないように。もしご家庭にキッチンハイターやブリーチ(台所で使うアレ)があればそのまま利用することができます。

 

液体であれば500mlを目安に使用します。掃除をする時は水ではなくぬるま湯を使用します。お風呂の残り湯を使用すると良いでしょう。

これはより汚れを浮かび上がらせるためで、冷水で掃除をするよりも格段に汚れの取れ方が違ってきます。洗濯モードで3~5回ほど攪拌をしてあとは一晩放置しておきます。

 

翌朝確認してみるとごっそりとカビや皮脂汚れが取れているはずです。茶漉しやお玉で大きなカビは除去して下さい。あとはフルコースで洗いから脱水まで全て行なえば排水口から細かいカビは流れるのでこれで掃除は完了です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段気にしない洗濯槽の裏側ですが、気に留めない分汚れがたくさん溜まっています。実はカビだらけの洗濯槽で洗濯をしていました・・とならないように定期的に掃除をすることをオススメします。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.