会議中に眠くなった!上司に怒られないための眠気対策

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

inemuri

会議中、急に襲ってくる眠気。一度眠気のループに陥ってしまうと抜け出すのは中々困難です。上司に怒られないためにもこの会議眠気が襲ってきそうだな、と感じたら対策を取ることが必要です。

会議中、眠くなった時に取る対策方法をまとめました。それではどうぞ!

 

そもそもなぜ会議中に眠くなるのか?

会議中に眠気が起こる原因は主に2つあります。ひとつは、あまりにもつまらなさ過ぎる会議のため脳が刺激を感じず休息状態に突入するから。

そしてもう一つの原因は会議でストレスを感じ、そのストレスを遮断するために脳が寝ようとする。この二つが大きな原因といえます。

 

眠気を感じたら呼吸を止める

単純な方法ですが意外と効果があります。自分の限界一歩手前まで息を止めましょう。すると脳が酸素を吸収しようとして、息を止めた後に大量に酸素が流れ込んできます。

これが眠気を吹き飛ばす役割もあるので、眠気を感じた時には効果的です。

 

眠気を感じた時はガムを噛むと眠気が吹っ飛びますがさすがに会議中にはガムは噛めないので、こういった周囲からは分かりづらい方法というのも良いのではないでしょうか。

 

耳を引っ張る

まずは両耳の上側をグッと引っ張ります。そして次に耳たぶをまた引っ張ります。たったこれだけの方法ですが眠気を吹き飛ばす効果があります。

ただし、あまり強く引っ張りすぎると中耳炎などを引き起こしますので多様は禁物です。

息を止める方法に比べると目に付きやすいので、周囲を気にしながら行なって下さい。

 

会議中の眠気対策を事前に行なう

上記で説明した2つの眠気解消法は、眠気を感じた時に行う事後の対策です。今日の会議眠くなりそうだなと思ったら事前に対策を立てるのも一つの手段です。

ではどういった形で事前の対策を行なうかというと事前にカフェインを摂取しておくことをオススメします。

 

手っ取り早くコーヒーを飲むのが一番の対策と言えるでしょう。ここで注意して欲しいのがカフェインを摂取するタイミングです。

カフェインは体内に入ってから30分後に効果を発揮すると言われています。逆算して、眠気のピークが来そうな時間帯に持ってこれるように調整してみてください。

会議に飲み物を持ち込むことが出来るのであれば、気分転換を兼ねてコーヒーなどを持ち込みましょう。

 

色々な眠気対策があるが、一番の眠気対策とは?

息を止める、耳を引っ張る、カフェインを事前に摂取するなど色々な眠気対策を挙げましたが一番の対策は会議に真剣に参加する、これに限るのではないでしょうか。

色々な会社の会議があり中には非生産的でつまらない会議も多いでしょう。目標を設定する、自分が会議の主役になるなどもっと会議を生産的なものにしようとすれば自ずと眠気は感じないはずです。

 

まとめ

会議中の眠気対策いかがでしたでしょうか。社会人として会議中に居眠りをするのは大変恥ずかしいことです。

とは言っても、襲ってくる睡魔にはなかなか打ち勝つことができません。自分はよく会議で寝てしまうな、と思う人は対策を取って会議に臨んで下さいね。

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.