ほうれい線が気になる人は習慣から見直す!ほうれい線の原因となる4つの習慣

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

houreisen

人の見た目年齢を左右する大きな要因として挙げられるのが『シワ』です。目尻の皺などもありますが、ほうれい線はシワの中でも最も見た目年齢を左右するシワと言えます。

若い人でもほうれい線があるだけで老けているように見える人はいませんか?ほうれい線は生まれつきの肌質や骨格で出やすい人と出にくい人に分かれますが、毎日の習慣でもほうれい線が出やすくなったりします。

ほうれい線が出やすい習慣を改善することで、予防や改善に繋がります。それではどうぞ!

 

寝る時に横を向いて寝ない

横向きに寝ることで重力で肌が下に引っ張られます。上を向いて寝るよりも重力の負担が肌にかかるので、これが原因でほうれい線が出来るのを加速させます。

1日の1/3は睡眠で占められるので寝ていて意識がない時は仕方ありませんが、意識的に上を向いて寝るように心がけましょう。

横向きに寝るのを止めることでイビキの改善にも繋がります。

 

頬杖を付かない

テレビを見ている時や頬杖を付くクセがある人は注意をして下さい。頬杖を付くことはほうれい線を助長させます。なぜなら頬杖を付いている部位には圧力がかかり脂肪が移動してしまいます。

この脂肪の移動が実は顔面の皮膚にシワを作る原因となります。傍から見ても頬杖をついている姿はあまりよろしくないので、頬杖を付く癖がある人は止めましょう。

 

食べ物を食べる時に片方の歯だけで噛まない

食べ物を食べる時に片方の歯だけで噛んでいませんか?片方の歯だけで噛んでいると顔の骨格バランスも悪くなりますし顔面の血行も悪くなります。その血行不順がほうれい線を作る原因となります。

 

パソコンやスマホを使う時に下を向かない

1日の時間の中でパソコンやスマホ操作に費やしている時間はかなり多いはず。そしてオフィスワークの人ならなおさらだと思います。

パソコンやスマホの操作をする時に下を向くことはシワの原因となります。ほうれい線も然りですが、首のシワも作る原因となります。

生活上、パソコンやスマホは必須のツールだと思いますが操作するときには目の高さまで出来るだけ持ってくるように工夫しましょう。オフィスのPCディスプレイの高さを上げるだけでも効果がありますよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。一度、ほうれい線が出来てしまうとそれを治すのはなかなか難しいです。目立つ前に毎日の習慣を見直してほうれい線予防に役立てましょう。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.