幕末に散った漢達を描いたマンガ『ちるらん 新撰組鎮魂歌』が面白い

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ちるらん 新撰組鎮魂歌 1巻


幕末の時代に名を馳せた武闘集団、新撰組。その新撰組の副長である土方歳三の人生を描いたマンガ『ちるらん 新撰組鎮魂歌』が面白いです。

今回は長く続いた幕府が終わろうとし、新しい時代が開けようとする激動の時代に生きた漢達の友情や闘いを描いたマンガ『ちるらん 新撰組鎮魂歌』を紹介します。それではどうぞ!

 

ちるらんのあらすじ

ある新聞社の女性記者と老人の会話から物語はスタートします。女性記者は幕末に最強と恐れられた新撰組の取材を行なっている最中。

そして取材相手の老人は当時最強と謳われた新撰組の元隊員の二番隊組長・永倉新八。

 

ここから過去を回想するように永倉新八が当時の、幕末の様子や新撰組を語りだします。

この『ちるらん 新撰組鎮魂歌』は新撰組の副長・土方歳三を主人公に描いたマンガです。好敵手と呼ばれる人斬り以蔵との逸話などを描いています。

2

 

このマンガの見所

突然ですが、幕末で何が起こったかご存知ですか?自分はかろうじて新撰組や坂本竜馬の名前は知っていますが、正直あまり幕末のことは詳しくありません。

 

しかし、『ちるらん 新撰組鎮魂歌』には幕末を知らない人でも面白いと言えるほどの魅力に溢れています。時代の流れに翻弄されつつも、自分の信念を貫く漢達の生き様には胸を打たれるものがあります。もちろん歴史に詳しい人も、楽しめる内容になっていると思います。

 

歴史が知らないもう一つの真実ということで、史実とは異なる解釈で物語が進行する場面もあるので、そこもまた面白いです。

特に人斬り以蔵と土方歳三の友情を描いた話し部分は、とても面白く胸に込み上げてくるものがありました。

3

 

こんな人にオススメしたい

歴史、特に幕末が好きな人にオススメしたい作品の一つです。史実通りでなく、独自の解釈に基づいて話しが展開する部分もありますがそれもまた面白いです。

学生の方で、まだ近代史の授業が始まってない人も歴史の勉強がてら読んでみるのも面白いかも。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、幕末の新撰組を題材にしたマンガ『ちるらん 新撰組鎮魂歌』

歴史を好きな方もそうでない方も、オススメの一冊になりますのでぜひ読んでみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.