【Mac】初期から入っているアプリで縦書きを実現する方法

2017年11月7日

これは便利。小説とか執筆作業をする時には活躍してくれるのではないでしょうか。

Macで縦書きの作業をしたかったので調べてみたら、アプリを追加で購入する必要もなく最初から入っている純正のアプリで縦書きができることが判明したのでメモ。

Macユーザーの方で縦書きのメモ帳探していたという人はぜひ参考にしてみてください。それではどうぞ!

 

テキストエディットが秀逸

Macを使い始めてからけっこう経ちますが、初めてこのメモ帳のようなアプリの存在を知りました。

テキストエディットっていうワードパッドのようなアプリですが、知っていましたか?

普段、evernoteを利用しているので存在すら知らなかったのですが、縦書きの機能が付いているので執筆作業をする時に重宝しそうです。

evernoteには海外の製品ということもあり、縦書きの機能はないですからね。

 

Macのテキストエディットで縦書きを使って見る

それではここから実際に縦書きを使う方法を紹介します。

と言っても、めちゃくちゃ簡単なので説明というほどでもないですが・・・

 

それではさっそくテキストエディットを起動させてみましょう。

純正アプリなので『アプリケーション一覧』からすぐに見つかると思います。

tategaki1

テキストエディットを起動してみます。

初期設定はもちろん横書きになっていますね。

tategaki4

ここからメニューバーにある、『フォーマット』→『レイアウトを縦向きにする』を選択します。

tategaki2

すると、、、

こんな感じで縦書きで記入することができます。
tatekagi3

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、Macに最初から入っているアプリで縦書きを利用する方法を紹介しました。

Macでブログやサイトを運営するのもいいですが、なにか小説を書きたい、執筆したいという人は新しくアプリを購入するのではなく、純正のアプリで十分だと思います。ぜひ参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

あなたにオススメ