スムージーやヨーグルトなどに。食べきれない果物を上手に冷凍する方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

reitou

旬の時期になると、実家からたくさん果物が送られてきて食べきれないことはありませんか?家族で果物狩りに出かけて同じような経験をした方も多いと思います。

食べきれない果物は思い切って全部冷凍保存しちゃいましょう。冷凍した果物はスムージーや、朝食のヨーグルトに入れたりと長く活用できます。

今回は、食べきれなくなった果物を上手に冷凍保存する方法を紹介します。それではどうぞ!

 

全ての果物に応用できる、冷凍保存の方法

余った果物をそのまま冷凍庫に入れていませんか?その方法では、冷凍期間や果物の風味が失われる可能性があります。少しの手間をかけるだけで、冷凍した果物をより長く・より美味しく保存することができます。

準備をするものは、ジップロックなどのフリーザーパックのみです。それでは実際にやり方を紹介していきます。

 

1:果物をよく洗う

冷凍した果物を食べる時に洗うことは出来ないので、冷凍保存する時に先に洗っておきましょう。こうすることで、冷凍保存した果物をそのまま食べることができます。

果物の表面には農薬が汚れ、ホコリが付いてるのでここでしっかり洗い流してください。

 

2:果物の皮をむく

冷凍保存する前に、果物の皮は全て剥いてください。これで食べる時の調理の手間も省けますし、長期で保存するためにはこの作業は欠かせません。

皮を剥いた果物は食べやすいサイズに切って下さい。こうすることで、保存しやすくなります。

 

3:果物を乾燥させる

水で洗い、皮を剥いた果物はキッチンペーパーで拭いて水気を取り除いてください。冷凍保存する際にはこの水気を極力取り除くことがポイントです。

ここでしっかり水気を切っておかないと、冷凍した時に霜が付いてしまいます。

 

4:一度、冷凍保存する

水気を切った果物を次に、クッキングシートを敷いたお皿かトレーの上に並べます。果物同士が重なり合わないように注意して下さい。そして、サランラップをかけてそのまま冷凍庫に入れ一晩放置します。

 

5:フリーザーパックに入れる

④の手順で、冷凍した果物を次にジップロックなどのフリーザーパックに移し変えます。この時に注意して欲しいのが、極力空気を入れないことです。

たくさんの種類の果物を保存する人は、油性ペンで名前を書くと良いでしょう。なしやりんご、桃など色が似ている果物は分からなくなってしまうことがあります。

 

どの位冷凍保存できるのか?

上記で紹介した手順で冷凍保存すると、果物の種類にもよりますがおよそ9ヶ月ほど保存が可能です。

冷凍保存した果物は、スムージーに入れたりヨーグルトに入れたりと使い道がたくさんあります。特に忙しい朝には、調理する必要がないので重宝すると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。食べきれなくなった果物は冷凍保存することで、長く活用することができます。腐らせてしまうのはとても勿体無いので、ぜひ紹介した方法を試してみてください。

 

野菜の冷凍保存の方法はコチラ
野菜を腐らせるのはもったいない!余り野菜は上手に冷凍しよう|UROKO

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.