旅行先でも自宅にいるかのように快適に眠る方法

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

hotel

旅行先での睡眠はしっかり取れていますか?ホテルのベッドはシーツもパリっとしていてぐっすり眠れるという人もいれば、自宅ベッドと違う環境なのでなかなか寝付けないという人もいるのではないでしょうか。

今回は旅行先でもぐっすり寝れる方法を紹介します。それではどうぞ!

 

自宅の枕やシーツ、タオルなどを持参する

旅行先のホテルではゲストに快適に過ごしてもらうため、シーツにノリをパリッと効かせたり新品のようなキレイなベッドが迎えてくれます。

しかし、人によってはこういった環境が逆に眠りにくくなる時もあります。特にホテルの枕は大きいものを採用しているところが多いので、ふだん使っている枕と違い眠れない人も多いと思います。

 

そのような時は、荷物として自分のマイ枕を持参するとよいでしょう。

1泊2日程度の旅行であればそこまでする必要はありませんが、長期の旅行になった際夜全然眠れないのは死活問題です。

 

荷物に余裕がある人はシーツや、自宅の香りが染み付いたタオルなどを持参するのもオススメです。

 

マイ・アイマスクを持参する

アイマスクを使用したことはありますか?瞳を閉じれば、外の情報をシャットアウトできますが、瞼は薄いので光が入ってきたり外の情報が入ってきます。

そんな時にはアイマスクを使用することをオススメします。

かなり効果てき面でぐっすり眠ることができます。あまり分厚いアイマスクを購入すると、気になって眠れないという人もいるので始めは薄いデザインのアイマスクからスタートすることをオススメします。

 

無音で眠れない人は、シャワールームの換気扇を付けよう

部屋が全くの無音だと寝付けないという人は、シャワールームの換気扇をあえて付けるのもオススメです。全く無音の静かな環境だと逆に目が冴えてくるという方はぜひ試してみて下さい。

 

外の騒音が気にならないレベルなら窓を少し開けるのもオススメです。眠りに最適な温度は18度前後と言われていますので外の空気で室内の温度を調整する効果もあります。

 

自宅で眠る直前にする行動を忠実に再現する

旅行先でもふだん自宅で行なっている就寝前の行動を再現すると寝付きやすくなります。例えば、就寝前は文庫本を30分ほど読むなどがあたります。

 

就寝前にパソコンを操作するのはあまりオススメできませんが、メールチェックは就寝前の日課という人は気になって眠れなく場合もありますので支障のない範囲で行なうとよいです。

 

ポイントは、旅行先でも自宅での行動を再現することです。その他にも就寝前に軽くストレッチをする、足裏をマッサージして足ツボを刺激することもオススメです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。旅行先はガラッと環境が変わるのでなかなか自宅のようにぐっすり眠れないと思います。

しかし、少し工夫するだけで慣れない旅先でもぐっすり睡眠を取ることができます。ぜひ参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.