ネットショッピングで損をしない5つのテクニック

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

netshop

インターネット上でお買い物をする人は増えていると思います。現物を見ないことには買い物に抵抗がある・・という方もいると思いますが一昔前に比べると、インターネットショッピングはかなり普及しているのではないでしょうか。今回はネットショッピングをする際に知っておくと便利なテクニックをまとめてみました。それではどうぞ!

 

ネットショッピングで損をしない5つのテクニック

目当てのショッピングサイトに登録する

スーパーの特売があるようにネットショッピングでも同じように特売があります。早く在庫を処理したい、決算の調整をしたいなど、消費者には思いもよらない理由で事業者の思惑が働きかなりお手頃に購入できるタイミングがあります。この情報いち早く得るためにはまずショッピングサイトに登録することをオススメします。

ショッピングサイトのメルマガに登録していると、こういった情報が素早く配信されるのでメルマガも一緒に登録するとよいでしょう。ネットショッピング大手のAmazonは毎日のようにセール情報を配信しているので、こういった大手のサイトから始めてみるのも良いかもしれません。

 

ショッピングサイトは複数登録する

1つのサイトに登録しただけでは、本当にお手頃価格なのかどうかはまだ分かりません。複数の同じような商品を扱うサイトに複数登録し、比較することでよりお得な商品を手に入れることができます。また会員限定のシークレットセールが開催されたりするので、チャンスを増やすためにもショッピングサイトは複数登録することをオススメします。

 

送料はいくらか、購入総額を確認する

店舗によって送料無料のところもあれば、提示している価格とは別に送料を設定している所もあります。表示金額が安いからといって購入画面に進むと、実際は高く付いたということはよくあります。送料の記載を故意に目立たない箇所に提示しているような悪質なサイトもありますので、購入時には送料の合計を必ず確認しましょう。

 

配送日数の確認も忘れずに

ショッピングサイトによっては他店舗に比べると驚くほど安い金額で販売しているところもあります。しかし、まれにこういった店舗は無在庫販売で商品を販売しているところもあります。無在庫販売とは手元に在庫がない状態で商品の情報だけを掲載し、注文があれば仕入れて送付するという方法です。

在庫を抱えないので利益が出るギリギリのラインまで価格を安くして販売することができます。しかし、無在庫での販売なので当然配送日数が大幅に遅れます。店舗にもよりますが、1-2週間かかったりもします。特に急ぎで必要のない商品なら問題ないですが、今すぐ手元に欲しい商品なら配送日数も計算に入れて購入を検討することをオススメします。

 

返品ルールやカスタマーの評価は良いか確認する

実店舗を構えない営業スタイルだからこそ、人件費や賃料を抑えることができてそれを商品価格に反映することできるのがネットショッピングのメリットです。しかし、実店舗を持たないからこそトラブルが起こった時の対応が問題になることもあります。購入した商品が不良品だった場合、不良品だった場合実店舗であれば持っていけばその場で対応してくれますが、ネットショップの場合はそうはいきません。

問い合わせをして、商品を返送して新しい商品を送ってもらって・・とかなり手間がかかります。こういったトラブルが起こった時も想定に入れつつ、返品ルールやカスタマーの対応なども念頭に置いて購入すると良いでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。気軽にインターネット上で購入できる便利なサービスだからこそ、特売情報を見逃さなければかなりお得に購入することができます。ぜひ参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.

Leave A Reply