ご飯を食べるのが苦痛・・定期的に出来る口内炎の予防と治し方

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

kounaien

口に違和感があり、舌で確認してみるとやっぱり出来てる口内炎・・。口内炎が出来るだけでご飯も美味しくなくなるし、仕事や勉強に集中できないですよね。

忘れた頃に、でも定期的にやってくる口内炎の予防方法とすぐに治る方法をまとめました。それではどうぞ!

 

口内炎が出来るメカニズム

口内炎ができるメカニズムは口内の一部が傷ついた際に、傷口に口内の細菌が入り炎症を引き起こすといわれています。ここでいう傷とは、間違って頬を噛んでしまったりする大きなものから食べ物を食べた時につく細かい傷も含みます。

 

揚げ物など衣がついている食べ物は口の中に細かい傷を残します。また、熱い食べ物を食べた時も口内の皮がベロっと剥がれた状態になるので口内炎が出来やすい環境と言えます。

 

通常は口内に傷が付いてもすぐに口内炎が出来るというわけではありませんが、ビタミン不足や風邪を引いているときなど免疫力が低下している時に細菌の傷への侵入を防ぐことが出来ずに口内炎が出来やすくなります。

 

口内炎が出来やすい人のための毎日の習慣

口内炎が出来やすい人は、口内炎を出来にくくするための習慣を意識してみてください。

基本的にはバランスの良い食事といつも口腔環境をきれいに保つ、これに限ります。出来るだけ毎日の食事には多めの野菜を取り入れ少しでもビタミンを摂取することを意識して下さい。

 

なかなか野菜を摂るのは難しいという方はサプリメントでビタミンを補充するのもオススメです。

口腔環境を清潔に保つためにも、マウスウォッシュを食後にするのもお勧めです。あまり刺激が強くないのを選ぶとよいでしょう。

また口内炎の原因となる口内の傷を作らないためにも、食事を食べる時は注意して下さい。

から揚げなど一度の欲張って頬張ったりすると、口内に無数の傷をつけてしまうことになるのでこの食材はちょっと固そうというものはお箸を割って小さくしてから無理なく食べるように習慣付けてみて下さい。

 

それでも口内炎が出来た時の最終兵器-ケナログ

色々対策をとっても口内炎ができた時、試してほしいのがケナログという医薬品です。

チューブ式になっていてザラザラとしたジェルを患部に塗るのですがこれが効果抜群です。特に口内炎のでき初めに塗布するとそれ以上ひどくならずに治ってしまいます。

 

かなり進行している口内炎でも塗布した翌朝にはかなり痛みが軽減されているので、よく口内炎ができやすい方は常備しておくと役に立つと思います。600~700円位で薬局で購入することができます。

 

患部にザラザラとしたジェルを塗るので最初はかなり違和感を覚えると思います。私も長年愛用していますが、実は今でも慣れないです。しかし、効果は抜群なのでぜひお試し下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。口内炎の予防をすることでかなり口内炎ができる頻度は少なくできます。

また口内炎が出来てしまった場合でもすぐに治療できる方法を用意しておけば口内炎に悩まされることもないと思います。ぜひお試し下さい。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。
全巻無料試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.