「ラストイニング」この高校野球マンガが面白い!

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

高校野球を題材にした漫画は数あれど、風変わりな監督が主人公の野球漫画はそんなにないと思います。

ましてやその監督が詐欺罪で起訴された人物なら、なおさら。

今回は前代未聞?元、悪徳セールスマンが高校野球の監督になる漫画「ラストイニング」を紹介します。それではどうぞ!

ラストイニングのあらすじ

悪徳セールスマンとして、驚異的な営業成績を上げる会社員、鳩ヶ谷。

彼は効果のない栄養ドリンクを主婦向けに売りさばき荒稼ぎをしていました。ある日、会社が訴えられ責任者である鳩ヶ谷は警察に逮捕されることに。

途方に暮れていた鳩ヶ谷の前に現れたのは高校時代の野球監督で恩師でもある男性。

彼は現在、高校の校長を務めており保釈金を立て替える代わりに弱小野球部の面倒を見てくれというもの。

鳩ヶ谷は高校時代は野球部に所属しており優秀な選手でした。

その能力を買って野球部再生を依頼してきた校長ですが、彼が決めたルールは1年以内に甲子園に出場できなければ野球部は廃部という無茶な難題。

元、悪徳セールスマンと弱小野球部が甲子園出場を目指して奮闘する一風変わったスポーツ漫画です。

 

主人公、鳩ヶ谷圭輔という人物

主人公の鳩ヶ谷は高校時代はキャッチャーをしていました。

甲子園をかけた大事な大会で審判の判定に納得がいかなかった鳩ヶ谷はその場で審判を殴りつけてしまいます。

そこから大好きだった野球をやめ、彼の転落人生が始まるのですが嫌々ながらも野球に携わることでかつての情熱を取り戻していくストーリーが熱い。

やっぱり青春っていいなと思わせてくれます。

ちなみに、元悪徳セールスマンだけあって知恵はめちゃくちゃ働くという笑

1年という区切られた期限の中で、いかに効率よく成果を出せるか?という点に重点を置き、独自の練習メニューを展開します。

最初は選手もOBも訝しんでいましたが、次第に鳩ヶ谷の手腕に影響されるように。

 

監督視点のスポーツ漫画も痛快で面白い

通常、スポーツ漫画は選手が主人公として活躍する様子を描くパターンが多いです。

しかし、監督目線で展開されるスポーツ漫画も面白いものがたくさんあります。

選手の育成や戦術など、監督目線で展開されるストーリーは新しい発見があって面白いものです。

  • ジャイアントキリング(サッカー)
  • 神様のバレー(バレー)

こちらの作品も監督が主人公で弱小チームを強豪に育て上げていくというストーリーは共通するものがあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、元悪徳セールスマンが弱小野球部を甲子園に導く漫画「ラストイニング」を紹介しました。

かなり前の漫画で、すでに完結済みの作品です。

個人的にはスポーツ漫画の中でもオススメの漫画なので、まだ読んだことがない人はこの機会にぜひ読んでみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.