「地獄楽」不老不死の仙薬を求める忍者活劇が面白い

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ジャンプ+で連載中の忍者活劇「地獄楽」が面白いです。

2018年から連載開始になった本作ですが、ストーリー・絵全てがポテンシャルが高いと感じており注目している作品でもあります。

今回は不老不死の仙薬を求めて忍者が活躍する漫画「地獄楽」を紹介します。それではどうぞ!

地獄楽のあらすじ

時代設定は江戸時代後期。

かつて凄腕の忍びとして活躍していた死罪人・画眉丸は処刑の日を待つだけの身でした。

彼自身、これ以上生き永らえたいと思うわけでもなく素直に処刑に従いしますが、忍びとして鍛え上げられた肉体はいかなる処刑もはじき返し、なかなか死ぬに至りません。

そこで凄腕の処刑人・山田浅ェ門佐切(やまだあさえもん/女性)が登場するわけですが、山田から提案されたのは極楽浄土にあるという不老不死の仙薬を探し出し、お上に献上すること。

その任務を達成することができれば無罪放免され、元の生活に戻ることができると。

 

画眉丸の望みは奥さんと静かに暮らすこと

自ら死を望んでいるような感じの画眉丸ですが、山田から実は生きたいと望んでいるのではないかと指摘され、自分でも気づかなかった気持ちに気付きます。

今まで人を殺めることでしか自分の存在意義を見出せなかった画眉丸が初めて人として生きたいと思う、そんな女性。

ちなみに画眉丸の奥さんは忍びの長の娘なんですが、祝って送り出してもらえるような環境ではなく義理の父となる長にはめられて画眉丸は処刑台に送られます。

 

極楽浄土は化け物入り混じるサバイバル環境

お上の命令で不老不死の仙薬を求めて死刑囚たち集められます。死刑囚同士で殺し合いを行い、選抜されたものだけが役人の監視のもとある島へ上陸。

そこでいち早く仙薬を手に入れることができれば無罪放免で恩赦を頂けるというもの。

そこでは死刑囚同士の殺し合いや島にいる化け物たちとの戦いが画眉丸たちの前に立ちはだかります。

 

まとめ

忍者を題材とした漫画「地獄楽」を紹介しました。

ジャンプ+で連載が開始した本作ですが、アクションもさることながらストーリーも非常に面白いです。

まだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

 

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.