ホーリーランドの登場人物まとめ。いじめられっ子が不良狩りに成長する最高に面白い漫画

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

元いじめられっ子の青年が独学でボクシングを身につけ、不良狩りとして恐れられるというバトル漫画「ホーリランド」

ホーリーランドは主人公以外にも魅力的なキャラが多く、好きな漫画の1つでもあります。

今回はそのホーリランドの登場人物をまとめてみました。ネタバレを含む内容なのでご注意を。それではどうぞ!

晃陽高校

神代ユウ

本作の主人公。学校でいじめに遭い引きこもり生活を送ることになる。自宅ではそのストレスを家族にぶつけるなど激しい一面を見せていた。

ある日、殴られても痛くない方法はないかと書店でボクシングの本を手に取ったことにより彼の運命が動き出す。気を紛らわせるために毎日行ったボクシングのシャドーイングで彼の才能が開花。

後に不良狩りと呼ばれる使い手にまで成長する。その後は街に自分の居場所を求めるようになり、日夜行う喧嘩で技が練られていく。

天性のストライカーの素質を持っており、レスリングや空手、ボクシングなど様々なエッセンスを自分のものに吸収する才能も持つ。

漫画の最後ではいじめられているところを助けた青年に腹部を刺されるが、最終話では無事な姿が描かれる。

親友との約束を果たすため、プロの格闘家としてのキャリアを進んだと思われる。

 

金田シンイチ(シン)

ユウの親友と呼べる存在であり、時に暴走する主人公を諭し支える理解者。

不良狩りの影響で自身にも復讐の手が伸び、大怪我を負うがその後も変わらずユウとの付き合いを続ける。

作中ではお調子者として描かれており、初めて会った人物とも打ち解ける一面も。

喧嘩はからっきしだが、友人のためには危ない局面でも飛び込んでいく勇気を持ち合わせている。

 

中村

ショウゴと同じ白泉会空手の有段者。

同じ道場の先輩である長田から不良狩を呼んで来いと言われ、渋々ながらも了承。その後、道場で実力を発揮できずに長田に敗れたユウを見て改めて謝罪をする。

リベンジマッチのお膳立てを依頼され、ユウが長田を圧倒した後は何かと行動を共にするようになる。

ユウやシンの一学年上で2年生。

 

山崎

ユウが通う高校のボクシング部ホープ。2年生ながらその実力は折り紙付きで上級生も圧倒するほど。

街で噂の不良狩の実力を測るためにスパーをするが、ユウに倒されて以降スランプに。

リハビリを兼ねてフットワークやフェイントなどボクシングの基礎をユウに教える先輩的な一面も。

 

伊沢マイ

路上のカリスマ、伊沢マサキの実妹でありユウの同級生。

どこか兄と似たような雰囲気を持つ、ユウのことを気にするようになりお互い惹かれ合うように。

ドラッグを売りさばくキンググループの抗争の際にはユウへの復讐のため八木に誘拐される。(その後、ショウゴが無事に保護する)

最終話ではユウと一緒にいることから、ユウが学校を辞めた後も行動を共にしていると見られる。

 

佐野メグミ

マイの友人の一人でありメグのニックネームで親しまれる。

キング編ではドラッグにハマってしまい、マイやシンに助けを求めるように。

シンが密かに好意を寄せていた描写あり。

 

カオリ

マイの友人の一人。

 

伊沢グループ

伊沢マサキ

路上のカリスマと呼ばれる本作のキーパーソンの一人。

幼少の頃は空手を習い、高校ではボクシングに転向。天性の才能を持ち合わせ、年上にも負けない実力を持つがそのことが反感を買い、高校でリンチにあう。

その時に助けを懇願し自身のプライドを傷つけられ、自殺未遂を図ることに。

その後は、自身が失ったプライドを取り戻すため日夜街に繰り出し暴力に明け暮れる。圧倒的な強さからこの頃から路上のカリスマと呼ばれるように。

最終話付近のユウとの対決では惜しくも敗れる。その後は、表舞台の格闘技に進み期待のホープとして一気にスターダムを駆け上がる。

 

ヨースケ

マサキの友人の一人で軽いノリだが仲間思いの青年。

一見、喧嘩はしないような印象だがそこそこ喧嘩も行える。

 

ノボル

マサキグループの一人だがマサキと吉井の対決の際には、マサキを騙して呼び寄せる役に。

その後、謝罪しマサキとの関係を修復する。

 

ワタル

マサキグループの一人でマイの友人であるメグと交際していた人物。

ドラッグのトゥルーにハマってしまいヤク中になる。

代沢高校(サワコー)

緑川ショウゴ

ユウの親友であり、ライバルと言える存在。

幼少の頃に父親に空手を習うが父が他界したことでより強い力を求めるように。

ユウの圧倒的な格闘センスを目の当たりにし決闘を申し込み敗れる。

その後、生活が荒れドラッグを売りさばくキンググループに所属するように。自身も最初は拒んでいたが、薬に手を出すようになる。

しかし、その後はユウやシンとの友情に気づきキンググループに反旗を翻す。

 

土屋

レスリングの使い手だがショウゴやユウに敗れた過去を持つ。

(外見も)大人な印象で後輩に慕われる人物。

ユウの悩みを聞いたり、マサキが自身の過去を打ち明けた人物でもあり何かと後輩に頼られる存在。

 

八木

初期の頃にユウに路上で敗北した経験を持つ。そのことからいつかは復讐を、と考えるようになりその後キングのグループに属しドラッグを売りさばくのを手伝うようになる。

この時にユウに復讐するためにマイを誘拐しようと画策する。

 

加藤

シンナーやドラッグに手をだすジャンキー。ユウやショウゴ絡みでシンを病院送りにした人物。

その後、ショウゴが戦うが喧嘩慣れした加藤に敗北。ユウが仇を取りボコボコにされる。

その後、キング編ではキングに喧嘩を挑むが総合格闘技の鉄に敗北する。

 

世田谷商業(セタショー)

吉井

1年の頃に上級生を血祭りに上げて一気にセタショーの番長格になる。実際はタカが木刀でボコボコにした先輩たちをナイフで切り刻んだだけ。

マサキとのタイマンに敗れ、求心力を失い自身が標的にされる立場に。

最終話ではマサキのタイトル戦を観戦している姿が描かれる。

 

岩戸

柔道家。セタショーが不良狩りに送り込んだ刺客。

戦いの末、ユウに敗れるが本人は敗れたと思っていない。その後、ユウの相談を受けたり助太刀をしたりと良好な関係を築いている。

 

タカ

吉井がマサキと倒すために送り込んだ刺客。剣道の使い手であり、道場の剣術を喧嘩に昇華させた。

マサキとの戦いでは猪方兄弟に負傷させられていたマサキを引き面で仕留めた。

その後、ユウとの対決で敗れる。

岩戸と同じく街にドラッグが撒かれた時にマサキと共にキンググループに対抗した。

猪方兄弟

ゴツい二人組の兄弟で傭兵のようにお金で喧嘩を請け負う。

吉井vsマサキの戦いの時にマサキに傷を負わせたが、その後駆けつけたユウに倒された。

その後はキンググループにお金で雇われた。

 

キンググループ

キング

脱法ドラッグのトゥルーを捌く元締め。本人曰く大学生らしいが、標的にした街でドラッグを捌き荒稼ぎする。

華奢な見た目だが拳法の使い手で相当な実力の持ち主。

最終話ではユウと戦い敗れる。

 

キングに雇われた傭兵の一人で総合格闘技の使い手。ジムで問題を起こし、厄介者とされていたがストリートでのリアルな暴力を望みキングに帯同する。

本人はストリートを次の舞台としているがマサキに表舞台から逃げただけと指摘され敗れる。

 

竜と同じく総合格闘技の使い手。キングに雇われた。

加藤を倒してしまう実力の持ち主だがユウとの戦いに敗れる。その後、マイを人質にとりユウに復讐をするが駆けつけたショウゴによって倒される。

 

その他

長田

白泉会空手の黒帯。中村の先輩にあたる。マサキやショウゴにとっても兄弟子にあたるが、当人たちより実力が劣るためそれがコンプレックスとしてある。

不良狩りの噂を聞きつけ、マサキやショウゴへの個人的な鬱憤を晴らすためユウを道場に呼び出し倒す。

その後、路上で再戦をするがユウに左手一本で倒され実力の差を見せつけられる。

 

小原ヨシト

キックボクシングの格闘家。元々、喧嘩に強くなりたくて格闘技を始めた経緯から不良狩りの噂を聞きつけて興味を持つ。

初戦はユウに圧倒的な実力差で勝つ。しかし、この時ユウはプライベートで問題があり戦いに集中できていなかったことから再戦。

再戦では実力が拮抗しながらもユウが勝利する。その後、心置きなく街を卒業しプロの道に進む。

最終話ではチャンピオンになっておりマサキの試合を観戦する姿が描かれていた。

 

漫画、アニメ好きにおすすめのサービス

漫画やアニメが好きな人にオススメなのがU-NEXTという動画サービス。

アニメや映画を観る以外に、なんと漫画も読むことができます。

現在、31日間の無料トライアルキャンペーンを実施中なので、漫画好きはこの機会に。オススメ!

⇒U-NEXT公式サイトへ

 

あなたにオススメの記事



Share.