お金で全てを解決する教育方針『吊金先生』が面白い

吊金先生(1) (講談社コミックス)

新品価格
¥463から
(2017/11/1 10:24時点)


なんだかスゴイ漫画です。『暗殺教室』は生徒に自分を暗殺させるというぶっ飛んだ内容でしたが、漫画『吊金先生』も内容では負けていません。

とある学校に、1年という期限付きで包帯をぐるぐるに巻いた吊金先生が赴任してきます。初日の挨拶から生徒に金をばら撒き、心を掴もうとしますが・・

今回は、お金の力で生徒を導く教育漫画『吊金先生』を紹介します。それではどうぞ!

 

吊金先生のあらすじ

校長に賄賂を渡し、2年B組の教室に赴任してきたのは顔面を包帯で覆った先生でした。

turugane1

彼は着任早々、生徒にご祝儀として10万円を配り始めます。彼はクラスをより良くするため、お金の力を存分に使うことを宣言します。

 

turugane2

 

例えばテストで学年1位を取った生徒には100万円の賞金を進呈したり、お金を渡している事実を隠蔽するために口止め料を支払うなど・・

吊金先生のお金の出所も不明ですが、元・生徒を名乗る男性から200万円を受け取っているのを目撃されたりしています。

過去にも、吊金先生の力で救われた生徒が大勢いるのでしょうか・・・?

 

金で全てを解決するがめちゃくちゃ生徒思い

吊金先生はお金の力で生徒を買収したり、何でもお金で解決しようとするゲスい先生と思いきやクラスや生徒に対する思い入れはめちゃくちゃあるようです。

第一話では、自分の生徒が男達に襲われるという危ない目に遭うのですが、お金の力で無理やり解決します。言っていることはゲスいですが、生徒への情熱が伝わってきます。

turugane3

吊金先生が学校に来た動機や、彼の正体は謎な部分が多いのですが続きが気になる漫画でもあります。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、お金で全てを解決する教育方針の漫画『吊金先生』。

2014年からマガジンスペシャルで連載を開始、既刊はまだ1巻のみです。色々と内容が某教育漫画と被る所がありますが、いったんそれは置いて読んでみるとけっこう面白いです。

まだ読んだことがない人は参考にしてみて下さい。

▼オススメ記事

エキセントリックな教頭が主人公の漫画『地獄の教頭』が面白い

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事