現代のシェフがタイムスリップする漫画『信長のシェフ』が面白い

世に料理漫画とタイムスリップ系の漫画は数多くありますが、どちらも組み合わせた内容の漫画は『信長のシェフ』だけではないでしょうか。

ケンと呼ばれる料理人が気付くとそこは戦国時代でした。現代の調理法を知るケンは一躍京の都で有名人になりました。その噂を聞きつけてやってきのたが、豊臣秀吉。秀吉に誘われた先には主である織田信長がいるのでした。

今回は、戦国時代にタイムスリップした現代の料理人が活躍する漫画『信長のシェフ』を紹介します。それではどうぞ!

 

信長のシェフのあらすじ

物語は現代の料理人であるケンが突如、戦国時代にタイムスリップした所からスタートします。合戦中の場所にタイムスリップしたため敵と勘違いされて、一話目でいきなり殺されそうになります。その危機を救ってくれたのが刀鍛冶の夏という女性でした。

 

彼女の家に居候することになったケンですが、自身が何者なのか全く覚えていませんでした。覚えているのは、自分が戦国時代にタイムスリップしているという自覚と、料理人だったという事実だけでした。

 

京の都でその料理を振舞っていくうちに自然と噂が流れ、ある人物の耳に入ります。そう、戦国時代の中心人物である織田信長です。半ば強制的に信長の居城に連行されたケンですが、そこで料理の腕を振舞うよう命令されます。

 

戦国時代の人間が度肝を抜かれるような料理の手法の数々と、ケンが持つ料理への情熱・人間としての強さに惹かれ信長はケンを手元に置くことを決めます。

信長の気性の荒さに戸惑いつつも、その人間性に触れることでまたケンも信長に惹かれていくのでした。

n1

戦国の食材を現代流にアレンジした料理が美味そう

現代の料理人が戦国時代にタイムスリップしたらどうなるか?そして、歴史の人物に対面した時にどのような事が起こるか?それを全て体現したような漫画です。

『信長のシェフ』で登場する料理の数々は、昔の食材をフレンチ風にアレンジしたりと独創的で食べたいと思わせるような表現が随所に散りばめられています。

n2

歴史上の人物達とケンのやり取りが料理を軸に展開されます。最初に出てくる、握り飯を湯漬けにアレンジした料理は戦国時代ならではと思います。そして、登場する料理はどれも美味しそうなものばかり。グルメ系の漫画が好きな人にはオススメの一冊です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。現代の料理人が戦国時代にタイムスリップする漫画『信長のシェフ』登場する料理の数々も楽しみですが、ケンは果たして現代に帰れるのか先が気になる漫画でもあります。

まだ読んだことがない人はぜひ読んでみて下さい。タイムスリップ系グルメ漫画としてこちらもいかが。

人生最後の日は何食べる?漫画『最後のレストラン』が面白い

信長のシェフ 1巻

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事