【ネタバレ注意】キングダムの山の民の女王、楊端和についてのまとめ。実在した人物?

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

ヤングジャンプで連載中の漫画「キングダム」

この漫画は中華の始皇帝の幼少期からの活躍を描いている漫画ですが、概ね史実通りに話しは進みますがオリジナルな部分も多々あり、非常に人気を博している漫画の1つです。

今回はそのキングダムの中で登場する山の民の女王、楊端和について紹介していきます。

謎が多い人物ですが、実際に楊端和は史実でも登場していた人物なのか?という点も詳しく紹介していきます。それではどうぞ!

 

キングダムの楊端和とは?

キングダムの楊端和とは、山の民を治める女王です。

キングダムでの登場はかなり初期の頃から登場しています。

最初の登場は政が弟の成蟜(せいきょう)の反乱を鎮めるために山の民の助力の申し出をしたところから。

 

実は山の民と秦国はその昔、交流がありました。ボッコウという王様が山の民・平地の人間分け隔てなく暮らそうという考えの持ち主だったからですね。

それまでは山の民は野蛮な民ということで平地の人間は差別をしていました。

 

ある日、秦軍の馬が山の民に襲われて食べられるという事件が起こるのですが、ボッコウはこれを笑い飛ばし追加の馬と酒を用意したという逸話があります。

 

これにいたく感激した山の民は秦との交流を開始。秦国が他国に攻め込まれてピンチになった時に援軍を送るということもやっています。これが後にいわれる馬酒兵(ましゅへい)の由来になっています。

 

話しは戻って政が山の民に援助を申し出を行った時。ボッコウ亡き後は秦国との交流は絶たれ、山の民は平地との友愛は一時の夢であったことを悟ります。ボッコウがいなくなると、また山の民に対する差別が再開されたわけです。

 

ここで政はまた昔のように交流を復活させようと単身、山の民を説得に向かいます。

この時に政と対峙したのが山の民の女王、楊端和です。

最初は山の民は政と付いてきていた・テンを処刑しようとしますが政と信の言葉に動かされ盟を結ぶことを決心します。

 

楊端和の実力とは?

山の民に関しては謎な部分が多く、野性的な屈強な戦士で構成されているといのが印象的です。

その中にあって女王という立場で、この荒くれ者たちを束ねているのはすごいとしか言い様がないです。

 

さらには平地の隣に広がる山界を1人で平定したというので、その実力はかなりのものと推測されます。

実際に山の民の軍は楊端和が平定してきた部族で構成されています。

 

しかし、楊端和が実際に戦っているシーンはほとんど描写がありません。

すごく強い武将との一騎打ちとか見てみたいですけどね。

過去にはあのバジオウとも一騎打ちをしたそうで、その時にはバジオウを瞬殺し配下に加えたという描写があります。

あとは合従軍戦の秦国滅亡のピンチにかけつけ、滅亡から救った話しもあります。

 

楊端和は実在した人物か?

これに対する答えはイエスですが、少し内容が異なります。

キングダムでは楊端和は美しい女性として描かれていますが、史実では男です。

 

そして、史実に登場する記述はあまり多くはありません。下記に史実の楊端和の活躍を紹介します。

紀元前238年(始皇9年)、魏の衍氏を攻めた。
紀元前236年(始皇11年)、王翦・桓齮とともに趙の鄴を攻めた。
紀元前229年(始皇18年)、河内の兵を率いて趙の首都である邯鄲を囲む。翌年、王翦と羌瘣が趙を平定した。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/楊端和

 

死亡に関する記述はありません。注目すべきは紀元前236年の王翦とカンキと一緒に趙を攻めたという記述。

これは現在、キングダムで趙への侵攻をしているストーリーと同じですね。ちなみに総大将には王翦が就いています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、キングダムの楊端和について言及しました。

史実に登場する人物ですが、史実とキングダムで描かれている人物は若干違いますね。

キングダムでは今後、山の民がどういう形で描かれるのか楽しみでもあります。

タジフ、バジオウ、シュンメンなど良いキャラも揃っていますからね。

おそらく、楊端和の戦闘シーンもこれからどんどん描かれていくと思います。

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.