気になり出したら止まらない。鏡のうろこ汚れの落とし方

uroko

鏡の白い水垢汚れ、通称うろこ汚れですが普段は気にならないのに気になり出したら止まらないんですよね。このうろこ汚れは、お風呂洗剤でゴシゴシこすってもなかなか落ちません。

 

なかなか落ちないので、そのまま放置するケースが多いのですがほったらかしにしておくと、硬化しますます落ちにくくなります。今回は、なかなか落ちないうろこ汚れの効果的な落とし方を紹介します。それではどうぞ!

 

歯磨きで粉で磨く

初期のうろこ汚れを落とすのは歯磨き粉で十分です。方法はとても簡単で、歯磨きを指先に取り該当の箇所に塗り塗りするだけ。これで初期のうろこ汚れ位なら簡単に落とすことができます。

 

クエン酸水を振り掛ける

頑固なうろこ汚れにはクエン酸で汚れを浮かして取り除く方法が効果的です。クエン酸水を鏡に噴きかけ、しばらく放置して拭き取るだけです。もともと水垢汚れはアルカリ性なので、酸性のクエン酸が中和し汚れを落としやすくしてくれます。

 

クエン酸水は市販のものでよいですし、クエン酸を水に溶かして簡単に作れますのでお手軽です。鏡以外にも、洗面器などのカビが発生しやすい所にも効果を発揮してくれます。

 

ダイヤモンドパッドで磨く

uroko

頑固で落ちにくくなってしまったうろこ汚れにはダイヤモンドパッドがオススメです。ダイヤモンドの細かい粒子が、水垢をこそぎ落としてくれるので、面白いほどよく落ちます。鏡以外にも蛇口にも使用でき、驚くほど水垢汚れが落ちますのでぜひお試し下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。水垢汚れはそのまま放置しておくと、硬化しなかなか落ちなくなります。落ちにくくなる前に日頃のお掃除が必要ですが、すでに硬化してしまった頑固な水垢汚れには上記で紹介した方法を試してみてください。

関連記事