ここが生死の別れ目?超スゴイ防災グッズ3選

災害っていつ起こるか分からないですよね。いつ起こるか分からないものだから、どうしても備えが疎かになってしまいます。

起こらないかもしれない、でもひょっとしたら・・・という事に万全の対策を取るのはなかなか難しいものです。

しかし、万一の時のために何かしらの備えをしておくというのはそれだけでも安心するということもあります。今回は、災害時に必ず役に立つ防災グッズを厳選して3つ紹介します。それではどうぞ!

 

手軽かつ強力なハンディー浄水器セイシェル

災害時に気をつけたいのは飲み水の確保です。災害時には断水が起きたり、水が手に入らない状況が続く場合もあります。

人間は食事を抜いても水さえあればけっこう長く生きることができます。個人差もありますが、水を確保できるかできないかで生存確率がグッと変わってきます。

逆に水がないとそれだけ死亡するリスクが高まるので、やはり災害時に水の確保は重要と言えます。

今回、紹介するハンディー浄水器のセイシェルは化学薬品、悪臭・塩素臭等、 ほとんどの不純物を99%以上除去できるボトル浄水器で何より使い方がとても簡単です。

水を入れて、あとはコップに注ぐだけ。キャップ付近に強力な浄水フィルターが付いておりこのフィルターが水を飲めるレベルにまでろ過してくれます。

これが一つあれば、お風呂場に貯水していた水もキレイに飲めたりできます。下記の動画では実際のセイシェルの威力を泥水を飲み水に出来るか実験しています。

いかかがでしょうか。茶色く濁った泥水がキレイな透明の水にろ過されていますね。ひとつのろ過フィルターで300リットルまでろ過することが出来るので、繰り返し何度も使えます。これ一本あるとアウトドアでも便利ですね。

猫トイレに着想した簡易トイレzioトイレ

zio-set

災害時の二次災害として心配されるのが、糞便などによる悪臭・感染症のリスクです。人は生命活動を維持している限り必ず排泄行為を行なうものなので仕方ありませんが、断水してしまった場合や災害でトイレが確保できない時の簡易トイレの確保も念頭に入れるべきです。

固めるテンプルのような吸水ポリマータイプの簡易トイレが一般的ですが、硬い便には不向きですし処理にも手間がかかります。

今回、紹介するzioトイレは猫のトイレから着想したもので細かいネコ砂のようなもので、脱臭・処理をします。しかもその紙砂は古紙からリサイクルされているので、環境にも優しいです。

簡易トイレの多くは排泄後の処理方法が難しいのですが、zioトイレならそのまま可燃ごみとして燃やすことができます。

参照元:zioトイレ公式サイト

 

投げ込み型消火器、SAT119エコ

災害時に起きやすいのが火事でしょうか。災害時でなくても、料理や煙草の消し忘れなどの失火による火災も起きます。

そんな時に消化剤を準備しておくと良いのですが、おそらく知る限り一番強力な消化剤がSAT119エコです。

 

絶対消えないだろうという大きな炎があっとい間に消えてしまいます。これはSAT119エコの中に含まれる液体が、一気に気化してアンモニアガスと炭酸ガスを発生させます。

これらのガスが、燃焼連鎖反応を抑制してくれるというわけです。威力が本当にスゴイ。

その威力の高さも魅力的ですが、なんと言ってもその使い方のシンプルさが強みとも言えます。例えば火災が起こった場合に、冷静に消火器のピンを抜いて使える自信はありますか?それが小さい子供やお年寄りだったら必ず使いこなせると思いますか?

SAT119エコなら投げ込むだけのシンプルな動作なので、消火器よりも格段に使いやすいのではないでしょうか。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。一度自宅の防災に対する備えを見直してみるのも良いかもしれません。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事