「睡眠不足はお肌の大敵、少なくとも4時間睡眠を心がけて」

suimin

暑くて寝苦しい夜をこのごろはすごしていると思います。
昔から睡眠不足はお肌の大敵といいますが、それは肌が生まれ変わる周期(ターンオーバー)のリズムが崩れるからです。
それでは美肌のためには何時から何時まで寝ればいいのでしょうか?
睡眠不足をやっつける秘訣をここでは大公開しちゃいます!

 

【睡眠不足はお肌の大敵、少なくとも4時間睡眠を心がけて】

俗に肌が生まれ変わるために大切な時間は午後10時から翌午前2時と言われます。
その時間帯に肌が生まれ変わるための成長ホルモンが分泌されるからです。
ですから美肌のためには夜しっかり寝ることが大切なのです。
時間をたっぷり取っているから大丈夫ってわけでもなく、また逆に少しでも寝ているからまあいいかという考えは危険です。
確実にお肌が綺麗になるための時間が存在するので意識してみましょう。

 

【エンジェルタイムに睡眠を確保できないときは…?】

お肌のゴールデンタイムとも言われる、「エンジェルタイム」。
この時間に睡眠を確保することが出来ないときはどうしたらいいのでしょうか?
まあ、個々のライフスタイルによって睡眠時間はまちまちなのですが、入眠後の3時間で質のいい睡眠をとることが肝心です。
そのうえで午後10時から翌午前2時に寝ていたとしたら最高ですね。

とは言え、夜10時に固執することはありません。
私からのお勧めは寝る前のアロマテラピー。
要は肩の力を抜いてリラックスすることが出来ればいいわけで、睡眠に入りやすい態勢を作るようにするといいでしょう。

携帯電話を握り締めて寝るなんてもってのほか!神経を休ませることが良い睡眠への第一歩です。
ですから寝る前にはできるだけゆったりとすごしましょう。

 

【睡眠中に美肌になる!夜のお肌のお手入れ方法】

睡眠中は人間がもっとも無防備になる時間帯でもあります。
美しい肌を手に入れたいなら、夜のお肌のお手入れは入念にね。
それから寝る前にコップ一杯のお水を飲むことをお勧めします。
睡眠中、人間の身体からは水分がわずかながら蒸発しているので水分が不足してドロドロ血にならないためにも予防は大切です。
また、水分だけではなく適度な油分も確保できるよう、お肌のケアについては保湿に気を遣いましょうね。

関連記事