ピアノに愛された天才少年を描いた漫画『ピアノの森』が面白い

ピアノの森(1) (モーニングコミックス)


『のだめカンタービレ』など音楽を題材とした漫画はたくさんありますが、漫画『ピアノの森』も面白いです。

森の中に廃棄されたピアノと天性の才能でそのピアノを演奏する少年を描いた物語です。

今回は音楽をテーマとした漫画『ピアノの森』を紹介します。それではどうぞ!

 

ピアノの森のあらすじ

東京から転校してきた雨宮修平は将来はピアニストを夢見る小学生でした。

転校早々、クラスのボスから目を付けられ学校の近くにある森のピアノの話しを聞かされます。

pianomori2

 

なんでもそのピアノは廃棄されて音が出ないピアノのはずなのですが、夜になると独りでに演奏を始めるという曰く付きのものでした。

この森のピアノまで肝試しに行ってこいと命令され、雨宮は仕方なく肝試しに向かうことに。

 

この時にクラスメイトの一ノ瀬海という少年が一緒に同行してくれます。

実際に森のピアノに行ってみると、やはり故障しているらしく雨宮では演奏することができませんでした。

しかし、海がピアノを弾き出すと・・・

pianomori1

誰も弾けなかったピアノが音を奏で始めます。この音色に虜になった雨宮は海と友達になることに。

そして、この海という少年こそが本作の主人公でもある青年です。

漫画『ピアノの森』では森に廃棄されたピアノとそのピアノと一緒に育った天才少年の音楽人生を綴った内容です。

 

海に秘められた才能

誰も弾けなかったピアノが弾けるというだけでも周囲を驚かせるのですが、海はほかにも音楽の担任が一度だけ演奏したオリジナル曲を耳コピして演奏します。

それ以外にもプロの調律師が見落としいた調律の不具合をその耳で感じ取り、指摘したりなど・・

最初は子供の戯言と思われていましたが、次第に周囲の大人も海の才能に気付き始めます。

 

彼は音楽の先生に師事されたこともなく、譜面も読めないのですが自宅裏にある森のピアノと小さい頃から遊んでいる内にそのピアノの才能が磨かれていきました。

 

ピアノを楽しく弾ければそれでいいと、はじめはピアノを習うということを考えもしなかった海ですが、元ピアニストの音楽教師の勧めもありピアノを本格的に習うことになります。

しかし、一方では海の才能を目の当たりにして複雑な思いを浮かべる雨宮は海との関係がギクシャクしてしまうことに。

音楽以外でも複雑に絡み合う人間関係も『ピアノの森』の面白い部分だと言えます。

 

ピアノの森の主要な人物は、海・雨宮・音楽教師の阿字野で構成されています。

ピアノの才能に恵まれた主人公と、天性の才能を見せつけられ必死に努力でカバーするライバルの雨宮、そして、プロの人気ピアニストから事故の影響で一転、表舞台から姿を消した音楽教師の阿字野。

それぞれがピアノ×音楽を通して自身の人生の価値を見出していく漫画です。

 

漫画『ピアノの森』は2007年にアニメで映画化され、文化庁メディア芸術祭の漫画部門で大賞を受賞した人気作です。

全26巻で完結しますが、一人の青年がピアノと音楽を通じて成長していく様子を描い漫画でかなり面白いです。

まだ読んだことがない人はオススメの漫画なのでこの機会に読んでみてはいかがでしょうか。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事