【ネタバレ】オレンジマーマレードの最終話を振り返る

知る人ぞ知る、韓国の人気漫画『オレンジマーマレード』 かいつまんで説明すると、バンパイアと呼ばれる存在と人間が共存する社会で、主人公のバンパイアである女の子の学園生活を綴った漫画です。

『共存』しているというのは表向きだけで、実際にはバンパイアに対する偏見や差別が蔓延している社会です。そんな社会でバンパイアであることを隠して生活している主人公のマリですが、ある事件がキッカケで自分の正体がバレてしまいます。

今回は、切な過ぎる韓国漫画『オレンジマーマレード』の最終回を振り返りたいと思います。ネタバレNGな人はこちらの記事をどうぞ。

韓国マンガ 『オレンジ・マーマレード』が切なすぎる

OKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

 

マリの正体がバレるようになったキッカケ

本作の主人公であるマリはバンパイアであることを隠して人間社会の中でひっそりと生きています。オレンジマーマレード内のバンパイアの設定は、私達が持っているバンパイアと異なり人の血を吸わない・太陽もにんにくもさほどNGではないという存在になっています。

人間の血を吸う代わりに豚の血を吸うことでこれらのバンパイアの特徴が薄れていっています。なので、バンパイアが恐ろしい存在だったのは昔のことで、今では人間と協定が結ばれ共存する選択を取っています。

とは言ってもバンパイアに対する偏見は凄まじく、その現実を前の学校で痛感したマリは転校先の学校で自分の正体を隠して生きています。

自分の正体を隠すため、部活に入らない・友達も一切作らないという学校生活を送っているマリですが、あることがキッカケで仲間ができバンドを組むことになりました。そして、人生初となる恋愛も経験します。灰色の学校生活に色が付き始めてこれからだという時に、マリが信頼して正体を打ち明けていた友人がマリの正体を学校中に暴露してしまいます。

今まで正体を隠していた分、激しい差別に合い正体を知った恋人(候補)の仁も秘密にされていたショックからマリの元を離れてしまいます。

orangemamarade2

最悪の選択をしてしまう

信頼していた友人からも裏切られ、好きな人も離れてしまったマリは自分の境遇を呪い家族にも激しく当たります。バンパイアになんて生んでくれて迷惑だったと。

父親はマリの退学を回避するために、自ら学校へ出向き関係者の面前で土下座をするのですが状況が好転するわけではありませんでした。

自分の人生に絶望したマリは自殺という最悪な選択をしてしまうのですが恋人(候補)の仁が自分の過ちに気付きマリを助け出します。

orange2

そして最終話へ

最終回では、マリが念願の夢だった友人と結成したバンドで文化祭でライブをします。マリはとても歌が上手いのですがバンパイアということもあり目立った行動は控えていました。

一度はマリから離れた仲間も自分の過ちに気付き、マリと共に文化祭で歌を披露します。最終ページではマリと仁が仲良く寄り添うシーンがあり、無事マリの恋愛も成就したようでした。

orange1

まとめ

いかがでしたでしょか。韓国漫画の中でもかなり人気のある漫画で、2015年5月~7月までドラマ化もされた作品でもあります。ドラマの方は観ていないのですが、原作がめちゃくちゃ面白いのでドラマもきっと面白いはず。機会があったら観てみようと思います。日本語字幕であるのかな。

orange

バンパイアという非現実的な設定ですが、『いじめ』と『青春』をテーマにした面白い漫画だと思います。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事