温泉卵を失敗せず作る簡単な作り方、決定版。

ontama

温泉卵をお店で食べたりしたことがある人は多いと思いますが、自宅で作ったことがある人はそんなにいないと思います。温度調整を間違えたりすると、普通のゆで卵になってしまったという経験をした人も多いはず。

今回は、放置するだけで温泉卵を簡単に作る方法を紹介します。それではどうぞ!

 

温泉卵の作り方

作り方はとても簡単です。下記に方法を紹介します。

①ふたつきの片手鍋に5カップ分の水を入れ、沸騰させます。

②中に卵と水1カップ分を入れ、蓋をしたまま12分放置

③鍋から取り出し、3分放置

④生卵を割る要領で卵を割る。この時、卵はまだ熱いので、流水で流すと表面の温度が落ち、火傷しなくなります。

以上です。とても簡単ですよね?

ポイントは、沸騰したお湯に水を1カップ分入れることと、12分蓋をしたまま放置することです。

 

温泉卵は温度が高くてもゆで卵になるし、低くても半熟になってしまい難しいです。しかし、一度やり方を覚えればあとは簡単にできます。自宅の鍋の材質や卵の大きさ、個数によって若干仕上がりが変わってくるので分量を目安に調整してみて下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。温泉卵は、水の分量と放置する時間をちゃんと守れば簡単に出来ます。夏場はぶっかけうどんに温泉卵をのせたり、丼にのせたり色々活躍してくれるハズ。薬味をかけてめんつゆでちゅるっといただくのも良いですね。卵はとても栄養価の高い食材なので、夏の栄養補給には持って来いの食材です。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事