ゴム肉のような硬い肉を柔らかく上質な肉に変身させる方法7選

niku

お店で食べるお肉はジューシーで美味しいですよね。それに比べ自宅でお肉を焼くと、筋張ったゴムのような肉に仕上がるという経験はありませんか?

お店は上等な肉を使っているから、自宅と差が出るのでしょうか。しかし、自宅でも一手間を加えるだけで柔らかくジューシーなお肉を作ることが出来ます。

今回は、自宅で簡単に出来る硬い肉を柔らかく変身させる方法を紹介します。それではどうぞ!

 

牛乳に浸ける

お肉を焼く前に30分ほど牛乳に浸します。牛乳には肉の繊維を柔らかくする効果があるので、焼いたときに柔らかいお肉に仕上げることができます。

30分浸した後、キッチンペーパーで牛乳をふき取って焼き上げていきます。

 

すりおろした玉ねぎに浸ける

玉ねぎをすりおろし、その中に30分ほど浸けておきましょう。玉ねぎの中には蛋白分解酵素のプロテアーゼが含まれています。

この酵素が肉を柔らかくしてくれます。この方法を応用した料理が、シャリピアンステーキですね。

 

大根に浸ける

玉ねぎと同じく、大根をすりおろしたものに2時間ほど浸けます。玉ねぎと同じようにプロテアーゼが含まれていますので、同じようにお肉を柔らかくしてくれます。

余った大根おろしは、そのまま和風醤油ステーキに利用するのも美味しいです。

 

コーラやビールに浸ける

コーラやビールなどの炭酸飲料に漬け込んでお肉を焼くと、柔らかいお肉に仕上がります。『え?コーラやビールって合うの?』と思うかもしれませんが、とても美味しい料理ができます。

ベルギーではカルボナードという料理があるのですが、これは牛肉のビール煮です。ホロホロになった牛肉とビールの相性は絶品です。

 

ヨーグルトに浸ける

ヨーグルトに30分ほどお肉を漬け込んで調理してみて下さい。柔らかくしっとりとしたお肉に仕上がります。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が肉の繊維を柔らかくしてくれます。

 

キノコに浸ける

みじん切りしたキノコの漬け汁にお肉を浸けておくと、キノコから染み出したエンドペプチターゼという酵素がお肉を柔らかくしてくれる効果があります。このエンドペプチターゼを多く含んでいるのは舞茸なので、舞茸を活用すると良いでしょう。

 

方法はとても簡単で、キノコをみじん切りにし水を加えて酵素を抽出します。これにお肉を加えて30分ほど浸ければお肉が柔らかくなります。もちろん使用したキノコはそのまま再利用できるので、ソースに使用したりすると良いでしょう。

 

フルーツに浸ける

キウイやパイナップル、りんごなどをすりおろししたものにお肉を浸しましょう。お肉がホロホロと柔らかいものになります。

ここで注意したい所は、分解酵素が強いのでお肉を浸しすぎないことです。あまり浸しすぎると、お肉がボロボロと崩れてしまいます。15分ほどを目安にすると良いでしょう。缶詰のフルーツでは酵素の働きが弱くなっているので、フレッシュな果物を使用するようにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。どれも自宅にあるものばかりで簡単にお肉を柔らかくすることができます。浸けている時間も計算して、先にお肉の下ごしらえをしてから調理に取り掛かると時間を無駄なく使えると思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事