そのSEO対策合ってる?的外れなSEO対策3選

seo

サイト運営者にとって何らかのSEO対策を施すことはアクセスアップに繋がり、必須の作業と言えます。

SEOの手法はたくさんありますが、中には誤った手法であったり昔は効果的だった手法が今では全く役に立たなくなっているということもあります。

それだけSEO界隈の動きは激しいので、サイト運営者は何が適切で不適切かを見極める必要があります。

今回は、やるだけ時間の浪費に繋がるかもしれない間違ったSEO対策について触れたいと思います。それではどうぞ!

 

意味のない努力こそ無駄なものはない

厳密に言うと、一番効果的なSEOを知っている人っていないんですよね。Googleの中の人ではないのだからそれは仕方ないことなんですけど、Googleが公表したりフォーラムで話したことなどから推察してこれがSEOに効果的だろうということでそれぞれが対策をします。

厄介なのが、昔は効果的と言われたSEO対策も現在では意味がないものになってしまっているものはたくさんあります。

情報が氾濫しているので、色々なSEO対策が紹介されているのですが的外れな所で頑張ることほど無駄なものはありません。投資漫画インベスターZの投資部キャプテンも言っています。

z

それでは、的外れなSEOとは一体どういものがあるのでしょうか。

以下でそちらを紹介していきます。

 

ページ数とアクセス数は必ずしも比例しない

サイトに大量のコンテンツを投下すればアクセス数はアップする。これは正解でもあり、不正解でもあると言えます。少し前までは、コンテンツの量がそのままアクセス数に直結するような事例がありましたが、現在は状況が変わりコンテンツの量<コンテンツの質が重要視される環境になっています。

筆者がSEOの参考にしている松原さんという方がいらっしゃるのですが、その方が運営するブログは250記事ほどで月間20万PVオーバー。対する当サイトは500記事ほどで月間12万PVほどになります。

他にも少ない記事でたくさんPVを獲得しているサイトはたくさんあります。こういったサイトと何が違うのかというとコンテンツの質、これに限ります。驚くほど1記事1記事に情報が集約されています。

バックリンクをたくさん集めるのはオワコン

一昔前まで、SEO対策の王道はバックリンクをたくさん集めることでした。外部リンクをペタペタ貼り付ければ貼り付けるほどサイトのアクセスがアップするという素敵な時代があったんですね。

しかし、サイト訪問者からしてみれば関係のないリンクが混ざっていたりペタペタ貼られていればマイナス以外の何物でもありません。

こういったバックリンクをペタペタ貼っているサイトはgoogleのアップデートにより駆逐されましたが、いまだにSEO業者でも外部リンクを販売している所があるから驚きです。

 

大量のテキスト文で埋める

コンテンツの質を重視するならば、テキスト文が増えてしまうのは致し方ないことです。

しかし、単なるSEO対策のための文字数稼ぎは意味がないのでそこは注意が必要です。例えば、『ダイエット』というキーワードでSEO対策を施す時に、文章の中にターゲットとなるキーワードを100回も連呼するのは全く無意味です。

場合によってはペナルティを受けてしまいますので注意が必要です。ユーザーからしても同じ単語が連呼されていたり、ダラダラと情報が書き連ねているコンテンツを見るのは良いものとは言えません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。的外れなSEOに情熱を注ぐよりも王道と言えるSEO対策に取り組んだ方が、確実にアクセスアップへの道は拓けます。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事