最近泣いてますか?泣くことのメリット3選

namida

大人になると泣く機会はなかなかないですよね。『大人になって号泣するなんて恥ずかし過ぎる・・』と思っている方はおおいのではないでしょうか。

しかし、泣く=涙を流すことにはあまり知られていないメリットがたくさんあります。

今回は涙を流すことのメリットをまとめてみました。調べてみるとなくことにはメリットがたくさんありました。大人でもたまに泣いてみるのもいいかも。

 

泣くことはストレスを減らしてくれる

映画を観て感動して涙を流す場合でなく、悔しい思いをした、悲しいことがあったなど涙を流す大抵の場合は負の感情によるものが多いようです。しかし、泣くことで体内で分泌されるコルチゾールという成分にはストレスを軽減する働きがあります。

 

感情の高まりで涙を流した後、興奮した気持ちを抑えるように身体が無意識に働くのですね。

 

涙はうつ病の予防にも公開あり

涙を流した際にセロトニンと呼ばれる物質が分泌されます。これは幸福物質と呼ばれるものでうつ病の改善にも使用される薬の成分でもあります。

 

涙を流した後は、安眠効果あり

泣き疲れた夜はぐっすり眠れた記憶はありませんか?泣くという行為は意外に体力を使います。

このほどよい疲労感とそれに加えて泣いた後の状態はリラックス状態でもあります。

寝る前に泣くという器用なことは難しいですが、嫌な事や悔しいことがあって泣いた場合にはぐっすり寝て次の日には気持ちを切り替えることが出来るはずです。

 

涙は美容にも効果あり

泣くことは心身の安定を保つ効果以外にも、美容面でも力を発揮してくれるという意外な効果が。涙を流すことで涙腺にたまった老廃物を流してくれ、余分な水分を排出し顔のむくみを取ってくれる効果が。

またストレスを和らげることで肌へのストレスダメージを軽減してくれます。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?泣くことのメリットは様々な面で効果を発揮します。

週に一度は涙を流す日を取ってみるのも日頃のストレス対策に効果的かも。
泣いた次の日には目が腫れぼったくなると思うので、コチラの記事を参考にしてみて下さい。

朝起きたらヤバ…腫れぼったい目を速攻で治す意外な方法

関連記事