【これはアカン】壮絶ないじめ復讐劇を描いた漫画「ミスミソウ」がついに実写化

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

これは大丈夫なのか・・・?

鬼才、押切蓮介先生の代表作でもあるいじめ復讐劇を描いた漫画「ミスミソウ」が2018年に実写化されます。

以前にも当サイトで紹介したことがある本作。

いじめによる人間の狂気を描いた漫画『ミスミソウ』がガチで怖い

 

いや、とても面白い漫画なんですけどね、内容がすごく過激なので大丈夫かなーと。いや、とても面白いんですけどね!

今回は2018年に実写映画化される漫画「ミスミソウ」について紹介します。それではどうぞ!

 

ミスミソウのあらすじ

主人公の野咲春花(のざきはるか)は父親の転勤の関係で、卒業を控えた2ヶ月前に田舎の中学校に転校してきます。

最初はクラスメイトとうまくやっていたのですが、すぐに都会から転校してきたなどが原因でいじめの対象に。

 

しかし、あと2ヶ月経てば卒業でクラスメイトとはおさらばできるという望みを持って春花は両親にバレないように何もないように振舞います。

 

そんな春花の我慢している姿を見て、クラスメイトの苛立ちは募りさらにいじめはエスカレートしていきます。

(この時点で漫画では見るに堪えないほどのいじめの内容が描かれている)

 

それでもなお、卒業間近と自分に言い聞かせて壮絶ないじめに耐える春花。

しかし、この我慢が後に最大の悲劇をもたらすことになります。

 

クラスメイトの凶行

いじめに耐え抜く春花に苛立ちを隠せない数名のクラスメイトがとったのは、春花の家族を襲うこと。

春花が不在の時にクラスメイト数名で自宅に侵入し、両親や妹に暴行を加え放火。

 

この事件で両親は死亡し、妹も大火傷の重傷を負います。

この出来事を知った春花は絶句。そして、後日いじめを受けている最中に自宅に放火したのはクラスメイトの仕業だということを本人の口から知らされます。

そして、春花の壮絶な復讐が始まる

自宅への放火がクラスメイトの仕業だと知った春花は復讐を開始します。

この復讐がダイレクト過ぎてすごいんですよ・・・包丁でアキレス腱を切る、釘を眼球に刺す、etc…

原作通りに忠実に再現すると、とてもじゃないけど普通に見れる内容ではないです。

どこかで規制かけると思います。それだけ原作が衝撃的で面白いわけですけど。

 

ミスミソウのキャストや公開日はいつ?

現在のところ、公式サイトも立ち上がっていませんし主人公の春花役が誰かと言うのも発表されていません。

これは追々、発表がありますが春花を演じる俳優さんが誰か気になりますね。

 

なお、公開日に関しては2018年という情報だけで具体的な公開日に関しても名言されていません。

いずれにしても、すでに撮影は開始されているようなので少しずつ全容が明らかになってくると思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、押切蓮介先生の代表作「ミスミソウ」の実写映画化について触れました。

いやー、公開が待ち遠しいですね。原作漫画の方も内容は過激ですが、文句なしに面白いのでまだ読んだことがない人はぜひ読んでみてください。

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.