【祝ドラマ化!】出産現場をリアルに描いた漫画『コウノドリ』が面白い

コウノドリ(1) (モーニングコミックス)


2012年8月からモーニングで連載がスタートした産科医を描いた漫画『コウノドリ

連載スタートからさほど経っていませんが、2015年10月から綾野剛さん主演でドラマもスタートする勢いに乗った漫画です。

本来であれば、命が誕生する素晴らしい現場なのですが命を落としたりする赤ちゃんも多く出産現場のリアルが描かれた漫画と言えます。

今回は、出産現場をリアルに描いた漫画『コウノドリ』を紹介します。それではどうぞ!

 

コウノドリのあらすじ

主人公の鴻鳥サクラは聖ペルソナ総合医療センターに勤める産科医です。この病院では毎日新しい命が生まれる一方、残念ながら命を落としていく赤子もいます。
漫画の中でも説明されていますが、出産は病気ではありません。おめでたい事に間違いはないのですが、手放しで喜ぶことは出来ないリスクを孕んでいることに改めて気付かされる漫画です。

 

帝王切開や堕胎など綺麗事では済まされない現実を真っ向から題材とした漫画だと思います。

kounodori1

 

主人公の鴻鳥サクラのもう一つの顔は、天才ジャズピアニストの『BABY』です。BABYは熱狂的な演奏をする日もあれば、演奏から10分も経たずして演奏を中断するとい異色のピアニストですが、本当の理由は病院からの呼び出しがかかるため。

 

日中は、敏腕産科医・夜は天才ジャズピアニストの顔を持つ主人公が活躍する漫画です。

kounodori2

第一話は、未受診妊婦について取り上げられています。未受診妊婦とは、妊婦検診を受けていない患者のことで経過が全く分からず飛び込みで病院に運び込まれるのでたらい回しにされたり場合によっては母子共に危険な状態にあります。

 

お金がない、父親がいないなど様々な理由がありますがそういった出産の負の側面をしっかり描写した骨太な内容の漫画になります。

kounodori3

来月からドラマもスタート

2015年10月より、綾野剛さん主演でドラマもスタートします。

kounodori

出産現場を題材にした産科医という役どころに加えて、もう一つの顔が天才ジャズピアニストという難しい役柄ですがどのように演じるのかとても楽しみです。

その他にも助産師役として、吉田羊さんが出演するなど豪華な俳優陣が揃います。

参照元:金曜ドラマ『コウノドリ』公式サイト

 

まとめ

いかがでしたでしょうか、出産現場をリアルに描いた漫画『コウノドリ』

かなりリアルに描かれているので、出産に対する自分の価値観が変わるかも。まだ経験したことがない人も、すでに経験したことある人もぜひオススメしたい漫画です。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事