激痛というわけではないが、できると気になる口内炎の予防と対策

kounaien

口内炎、痛いですよね。今まで口内炎が出来たことがないという人はいないのではないでしょうか。

よくできるひともいれば、あまり口内炎が出来ない人もいますがこの違いはなんでしょうか。今回は、口内炎を予防する生活習慣と口内炎ができてしまった時の治し方を紹介します。それではどうぞ!

 

口内炎ができる原因とは?

そもそも口内炎ができる原因とは何でしょうか?風邪をひいている時のような免疫力が低下している時、外食やコンビニ食ばかりで食生活が偏った時など色々思い当たるふしがあると思います。

まとめると大きく3つの原因が挙げられます。

 

①間違って口内を噛んでしまった時

食べ物を食べている時など、誤って口内を噛んでしまった時そこから発展して口内炎になることがあります。

その他にも、熱い食べ物を食べて口内の皮がベロッと剥がれたことはありませんか?口内はとてもデリケートです。熱い物を食べたり、固い物を食べただけでも細かい傷が入ります。そして、そこから細菌が入り口内炎に発展することがあります。

 

②過労、睡眠不足、食生活の乱れからくる時

口内炎になる理由として生活習慣の乱れが一番心当たりがあるのではないでしょうか。

過労や睡眠不足、栄養不足などの状態になると免疫力が低下します。こういった時には口内炎が出来やすくなります。

 

③口内の衛生状態が悪い時

意外な理由かも知れませんが、口内の衛生状態が悪い時は口内炎が出来やすい環境と言えます。

特に歯磨きをしっかり行なっていない人は、通常の人よりも細菌やウィルスが繁殖している可能性があるので口内炎が出来やすい環境と言えます。

 

口内炎ができにくい生活習慣に切り替える

口内炎ができにくい生活習慣に切り替えるということは、上記で紹介した悪習慣を一つずつ改善していけばいいわけです。

残業続きで睡眠不足だ・・とすぐに生活環境が改善できない人もいると思いますが、歯磨きはしっかり行なう、外食の数を減らすとじょじょに改善していくと口内炎ができる回数も減ってきます。

栄養のある食事をなかなか取れない人はサプリメントなどの栄養補助食品で足りない分を補うと良いでしょう。

 

それでも口内炎が出来てしまったら

生活習慣に気を配っても口内炎が出来ることはあります。そんな時にオススメしたいのがケナログという口腔クリームです。

細かい粒が入ったようなクリームを睡眠前などに患部に塗るのですが、これがとても効き目があります。

出来始めの口内炎だったら、大きくなる前に完治しますし大きくなって痛みを伴う口内炎でも確実に痛みが和らぎます。

無味なのですが、独特な感触が慣れるのに時間がかかるかもしれませんが、効き目はスゴイのでぜひお試し下さい。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。定期的に口内炎が出来る人は、一度自分の生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。

口内炎が出来たからと言って、大事になることはありませんがやはりあの断続的に続く痛みは気になりますよね。

参考にしてみて下さい。

関連記事