データバレーで全国を獲る!バレー漫画『神様のバレー』が面白い

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

神様のバレー 1巻 (芳文社コミックス)


様々なバレー漫画が描かれていますが、監督視点で物語が進行するのはあまりないのではないでしょうか。
『神様のバレー』は弱小中学バレー部の顧問に就任した阿月総一が、全国大会制覇を目指す物語です。
今回は、弱小バレーチームで全国制覇を目指すバレー監督が主人公の漫画、『神様のバレー』を紹介します。それではどうぞ!

 

神様のバレーのあらすじ

主人公の阿月総一は実業団バレーのアナリストとして活躍していました。
アナリストとはレシーブやアタックなどの決定率などを数値化しそれを基に戦略を構成するチームの頭脳的な存在です。

相手チームの傾向を徹底的に研究することでチームを勝利に導くいわば黒幕的な存在です。
阿月総一もその分析力を武器に、実業団を勝利に導くサポートをしているのですがある日、実業団を運営する会社の会長からある賭けを提案されます。

それは、弱小バレーチームを全国制覇できる位のチームに育て上げることでした。
この目標が達成できればチームの監督に就任させてやるという約束でしたが、一実業団のチーム監督には興味がないと阿月は一蹴します。
しかし、会長が提示したのは実業団の監督ではなく全日本バレー代表の監督でした。
かくして、全日本のバレー監督就任を賭けて阿月は弱小バレー校へ赴任することになります。

kamisama1

赴任早々、バレーの試合ジャックを画策する

彼が赴任した中学校は進学校ですがバレー部は弱小という学校でした。
赴任してバレー部を見学していた阿月はさっそく行動に移します。
この学校ではスタメン以外の選手が十分に練習できてないことを知った阿月はベンチ入りの選手を鍛え上げ試合をジャックすることを画策します。
メンタルではなく、データバレーがどこまで通用していくのでしょうか。

 

kamisama2

まとめ

いかがでしたでしょうか、データバレーで全国制覇を目指すバレー漫画『神様のバレー』
選手の視点ではなく、監督の視点で描かれるバレー漫画はあまりないと思います。
サッカー漫画で言えばジャイアントキリングとかでしょうか。
弱小バレーチームをどのように鍛え上げ、全国制覇へと導いていくのか続きが気になる作品でもあります。
まだ読んだことがない人はぜひ読んでみて下さい。

 

▼オススメ記事

いくつ知ってる?バレーボール漫画のおすすめ11選!

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.