ぶっちゃけいくら?独身男性の平均貯蓄額

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

chokingaku1-1

女性の方で気になる人も多いのでは?

結婚にはたくさんお金が必要だとぼんやりとしたイメージがあると思いますが、実際結婚にかかる費用や独身男性の平均貯金額は一体どの位なのでしょうか。

今回はぶっちゃけ皆いくら貯金しているの?という疑問を記事にしたいと思います。それではどうぞ!

ぶっちゃけいくら?独身男性の平均貯蓄額

未婚男性の平均貯金額

久しぶりの婚活記事ですが、今回は未婚男性の平均貯金額を紹介。

結婚には披露宴や新居のための費用など様々なところでお金が発生します。無理とは言いませんが、さすがに貯金0円で結婚となると少し厳しいですよね。

実際に未婚男性はどの位貯金をしているものなのでしょうか?

マイナビウーマンが20代〜30代の独身男性を対象に行った調査によると結果は以下の通り。

100万円未満……6.4%
100万円以上~200万円未満……11.8%
200万円以上~300万円未満……32.1%
300万円以上~400万円未満……26.8%
400万円以上~500万円未満……17.2%
500万円以上~600万円未満……3.0%
600万円以上……2.7%

一番多かったのが200万円〜300万円の割合で次に300万円〜400万円が多いようです。けっこう皆さん貯金してますね。

 

実際に結婚にかかる費用はいくらなの?

それでは実際に結婚にかかる費用の平均はいくらなのでしょうか?

結婚情報サイト『ゼクシィ』のデータによると、結婚に関する費用はおよそ444.2万円ほど。

やはり結婚となるとかなりの出費を覚悟しないといけないようですね。

結婚に関する費用の内訳は以下のような感じです。

結納・会場費:13.1万円

両家の顔合わせ・会場費:5.8万円

婚約指輪:31.7万円

結婚指輪(2名分):21.5万円

挙式・披露宴費用:343.8万円

新婚旅行費用:54.8万円

新婚旅行土産費用:11.8万円

やはり挙式・披露宴費用が圧倒的に高いですね。それ以外にも新婚旅行や婚約指輪など細かい出費がたくさんあります。

実際はこれにご祝儀代なども入ってきますが、やはり結婚には相応の出費を覚悟しないといけませんね。

そして、結婚費用とは別に二人の新生活をスタートするための新居も用意する必要があります。

賃貸やマンション購入費用の他にも家具や家電を揃えていくと最終的な600万円ほどが結婚するにあたっての相場と言われています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、独身男性の平均貯金額や結婚に関する費用について紹介しました。

やはりと言うか結婚にはたくさんお金がかかってきますね。

今では格安の結婚式などサービスも充実してきているので、平均よりもかなり抑えて結婚式をすることも可能です。

うまくやりくりすれば出費はかなり抑えることができるので、いろいろな情報を調べながら結婚プランを考えるた方が良さそうですね。

オススメの婚活アプリは?

今年こそは恋人と一緒に過ごしたい、あわよくば結婚も・・・と思っている人も多いのでは?
そんな人には婚活アプリがオススメです。自分のペースで、自分のタイプの人を簡単に見つけることができます。
色々な婚活アプリがありますが、オススメはあのミクシィの企業が運営する婚活アプリ『YYC』です。
会員登録も無料で出来るので、まずは恋人候補を探したい!っていう人にはうってつけの婚活アプリです。
iOS版をインストール

Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.