ついに始動!Apple Musicについての使用感についてまとめてみた

ap5

2015年7月1日、ついにApple Musicの提供がスタートしました。テイラースウィフトが楽曲を提供するか否かでも、話題になったこちらのサービスですが、Appleがその豊富なコンテンツを元に音楽業界に進出してきたようです。

そして、ユーザーを獲得するために現在、3ヶ月間無料のトライアルキャンペーンを行なうなど力の入れ具合が伝わってきます

今回はリリースされたApple Musicについての使用感などをまとめてみました。それではどうぞ!

 

Apple Musicを使うには?

残念ながらAndroidがユーザーが使えるのは今秋だそうで、現状使用できるのはiosユーザーのみとなります。まずiosのバージョンが8.4であることが必要です。

もともと端末にはiosのミュージックアプリが入っていると思うのですが、赤のアイコンだと古いバージョンなので使用することができません。使用するには端末設定よりosのバージョンを最新版にする必要があります。

ap

osのインストールが完了したら早速起動してみましょう。この時にはミュージックアプリの色は白になっているはずです。

本来であれば有料のこちらのサービスですが、トライアルキャンペーンということで3ヶ月間利用料が無料になります。この機会んを逃す手はないんじゃないでしょうか。

 

利用料金は?

利用料金は月額980円の個人プランと家族6人で使える月額1480円のファミリープランがあります。メンバーになった方がオフラインで曲を聴けたり、エキスパートからオススメの曲を紹介してもらったり断然お得だと思います。

しかも今は無料のキャンペーン中なので、まずはApple Musicの使用感を試してみたい人には持って来いだと思います。

無料期間が過ぎると自動で課金されてしまいますので、設定からApple Musicのメンバーシップ自動更新をオフにする事もお忘れなく。

 

どんなサービスがある?

ユーザーの好きな曲をチョイスしてくれる『For you』、24時間ラジオを垂れ流してくれる『Radio』などサービスがたくさんあります。最初はそのコンテンツ量に圧倒されるかもしれませんが、音楽がシャワーのように降り注いでくる感覚は病み付きになりそうだと思います。

 

実際に使ってみた感想

実際にApple Musicを使ってみた感想を。まずミュージックアプリを立ち上げ、For youにアクセス。

ap2

すると好きなジャンルを選択するように促されます。好きなジャンルは2回タップ、お気に入りは1回タップという具合です。除外したい音楽は長押しで除外していきます。

今回は普段聞かない、J-POP K-POP 歌謡曲を除外しました。すると次に、好きなアーティストを選択するように促されます。

ap3

・・・好きなアーティストがいない。。とりあえず選択しないことには先に進めないので、メアリーJブライジと、マライア、クリスブラウンを選択。

以上でFor Youの登録は完了したようです。正直、提案されたミュージックリストはど真ん中ではありませんでしたが、更新していくとどんどんプレイリストを提案してくれるのが嬉しい。

 

次にRadioにもアクセスしてみました。こちらも24時間各ジャンルの音楽が流れているので、聞き流しするにはもってこいだと思います。

For you で提案された曲で気に入ったものがあったのでどんどんマイリストに追加していく。気に入った曲は、オフラインでも聴けるようにダウンロード出来るのが嬉しい所です。ストリーミングだけで聴いているとすぐに通信制限かかってしまうからこの機能は嬉しい所。

他のミュージックアプリに比べてデザインが作りこまれている点が良いですね。コンテンツの量もさることながら、これだけのものを月額980円で使用できるのは安い買い物かも。引き続き使用していきます。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事