実際のところ趣味コンってどうなの?趣味コンについて考えてみた

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

shumikon

趣味コンというのはご存知でしょうか?婚活パーティーや街コンなど様々な出会いの場がありますが、趣味コンは同じ趣味を持つ者同士が集まるパーティーのことを指します。

ボーリング好き、アウトドア好き、スポーツ好きなど様々な趣味コンがありますが、実際の所出会いの場として最適なのか、元運営者目線で考えみました。

 

趣味コンは出会いの場として最適なのか?

同じ趣味を持つ者同士が集う場として、趣味コンは以前から注目されていました。

スポーツ好きな人が集まる趣味コンや、映画好き、カラオケ好きなど趣味を挙げればキリがないので、企画する側としてはネタが尽きないというメリットがあります。

 

参加者も一定数見込めるため、運営者目線でいうと定番になりつつある企画でした。最近ではアニオタ婚、コスプレ婚などちょっとディープな趣味コンも開催されています。

趣味コンのメリットとしては、同じ趣味を持つもの同士が集まるので会話のネタは尽きない点にあります。

 

趣味コンって実際にどうなの?

実は二度ほど趣味コンに参加したことがあります。その時にはもちろんお見合いパーティーの会社は退職していましたが、実際に参加した感想としてはちょっと微妙ですね。(あくまで私個人の感想です)

 

というのも、同じ趣味を持つ人だから確かに会話が弾むのですが、趣味以外の話しがあまり出来ない点でしょうか。出身はどことか、休日は何をしているんですかとか色々聞きたいじゃないですか。

 

趣味コンに参加している以上、趣味以外の話をしてはいけないような暗黙の了解があり、趣味以外の話が出来ず参加者の人間性を知る機会が少なかったように思えます。

 

個人的にオススメしたい婚活のタイプ

またまた個人的な見解で申し訳ないのですが、少人数の個室タイプのお見合いなどがオススメです。理由は長くゆっくり話せるからです。

100人以上が参加する大規模パーティーに参加しても、実際に話せるのは15人位です。しかも、一人一人の会話時間が極端に短い。

 

これでは、相手の事とか全然分かりませんよね。印象に残るのは顔とプロフィールカードに書かれた情報のみ。その点、個室タイプのお見合いパーティーなら、隣の人を気にすることなくじっくり話すことが出来ます。

じっくり話すと言っても10分位ですが、それでも相手に興味を持つには十分な時間です。また10分というこの微妙に短い時間というのがミソで、話しが盛り上がってきた所で席移動になるのでもっと話したいと思うようになるんですね。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。趣味コンは共通の趣味を持った人達が参加するので、会話が盛り上がることは間違い無いです。

あくまで個人の見解を述べましたが、実際に参加してみてちょっと違うなと感じた方は個室のお見合いパーティーもオススメです。ぜひ参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。

現在、金色のガッシュや嘘喰いなど超人気作品が無料で配信されています。他アプリより人気作品を多く取り揃えているのが特徴。オススメ!

マンガBANGを無料インストール

 

あなたにオススメの記事



Share.