漫画「堕ちる」最終話感想。何とも言えない結末で複雑な感情になる

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

エリート検察官の夜の顔は売春婦という衝撃的な設定の漫画「堕ちる」

堕ちるの最終話を読んでみての感想となります。漫画「堕ちる」のネタバレを含んだ内容となりますので、ネタバレNGな人はこちらをどうぞ。

漫画「堕ちる」父と娘のいびつな関係から生まれるトラウマ

ネタバレがOKな人はそのまま読み進めてください。それではどうぞ!

堕ちるのあらすじ

勉強は出来るがクラスでは浮いた存在の佐藤正美。

彼女は学園のマドンナにいじめの標的にされるも、その彼氏を寝取るという高校生では考えられない行動力を発揮します。

彼女の行動力の源泉は父親の存在。実は彼女と父親は長年、男女の仲で母親の目を盗んでは親子同士で関係を持っていました。

この異常とも言うべき行為が後の正美に大きな影響を及ぼします。

 

母親は全てを知っていた

後に正美の父親は交通事故に巻き込まれ死亡します。

ここから母と娘二人で頑張っていかないといけないという時に、母親から一人暮らしをするよう勧められます。

なぜ?と疑問に感じた正美が尋ねると母親からは衝撃の発言が。

それは自分が不倫をしていたこと。そして、正美と父親の関係を知っていたこと。

不倫も許容はできないですが、親子で・・・というのは確かに度を越して気持ち悪いですよね。

以降、正美は一人暮らしを開始し検察官になるためにひたすら勉強漬けの毎日を送るのでした。

 

身体を売ることを覚えた正美

検察官になるために大学生活も勉強に身を捧げる正美ですが、父親との関係を忘れることができず日に日に欲求は溜まっていくばかり。

そこで彼女が考えたのは繁華街に行き、父親の面影を探すこと。

ここから、自分を売るという行為を覚え欲求が溜まった時には自分を売るということを始めます。

なんだか、もう完全に破綻しちゃってますね。

 

その後、無事に司法試験にも合格し念願の検察官になるのですが正美は行為を止めることはありませんでした。

 

客に殺されてしまうという悲劇

毎週木曜に自分を売るという生活をずっと続けていた正美。

ある日、客の発言から検察官であることを予想し、それが当たってしまいます。

まさか、自分を買った検察官が同じ検察官であるとは・・・

 

しかし、その偶然が悲劇を起こし、発覚を恐れたその男性に殺されてしまいます。

ちなみに正美の殺害現場に立ち会った警察官は、大学の元同期。

 

正美を殺した犯人は誰?

正美を殺した検察官の男性は1巻に登場する青年の父親ですね。

 

最後のコマにこの男性が、

「こんなに早く身元が割れたのは予想外だったが、まあなんとでもなる。」

と発言していることから、この男性が犯人かと予想されます。

正美と一緒にいる時はヒゲ面だったので違うかと思いましたが、発言と髪型、年齢を考えるとこの男性が犯人だと思います。

 

堕ちるを読んだ感想

堕ちるは全3巻とサクッと読める漫画でした。しかも、1巻の収録話が少ないので割とさくさく読めます。

一度、読み始めると正美という異様な生い立ちを持った女性がどういう風になるのか?と気になって読む手を止められませんでした。

昼はエリートの顔、夜は売春婦という設定はあの事件を題材にしているのかな?とも思いましたが、人間の闇の部分というのは怖いですね。

 

まだ読んだことがない人はオススメの漫画なので、前から気になっていた人はぜひ読まれることをオススメします。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.