元婚活アドバイザーが語る実際にあった婚活トラブル①

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

konkatutrouble

婚活パーティーを運営していると素敵な男女の方にたくさん出会います。中にはなんでこんな素敵な人が恋人がいないのだろうと思える人さえいます。

しかし、中にはうわ・・・この人最悪だなと思う人もごく一部ですがいます。元婚活アドバイザーが今まで出会った結婚トラブルを実体験を基にまとめてみました。それではどうぞ!

 

泥酔状態でパーティーに乱入→スタッフにぶち切れた女性

以前、運営していたパーティーでのトラブルが、泥酔状態でパーティーに参加しスタッフに罵詈雑言を浴びせた女性がいました。

遅れる分に関しては何も問題なかったのですが、この方以前予約していたパーティーをキャンセルしていたためキャンセル料金が発生していたんですね。

だいたいどこのパーティー運営会社も、キャンセルには厳格でこの日も規約に則ってキャンセル料金を受付で請求しました。(別に高額な金額でもないです)

 

すると突然火がついたようにキレだして収集がつかなくなりました。自分も心配になって受付に行ったのですが、酒臭い&目が座っている。

10分ほど受付で揉めた後、キャンセル料金を支払いパーティーに参加することに・・。受付でのやり取りは全て会場に筒抜けだったのによくこの人参加できるなと逆に関心しました。

もちろん男性陣は全員ドン引きしていてその女性がカップルに選ばれることはありませんでした。

 

パーティー参加後、逮捕された男性結婚詐欺師

今となってはあぁそんなこともあったなという感じですが、当時はやはり衝撃的でした。ある日、会社に警察の方から連絡があってそちらのパーティーに参加したことのある●●さんの情報と今後参加する予定のパーティーがあれば教えてほしいと連絡がありました。

 

もちろん個人情報なのですぐに対応するわけには行かず、上司と相談して警察からの正式な情報開示請求だと確認が取れたので情報を開示することに。

話しによると、現在4県にまたがり捜査中の結婚詐欺師だそうで、証拠が固まったので次回参加した時に身柄を拘束したいとのことでした。

後で知った話しですが、この結婚詐欺師は都道府県を変えて結婚詐欺を働いていたらしく、その理由は県をまたいで転居すると×が持ち越されないからなんですね。

今では全国どこに転居しても離婚暦は持ち越されます。でも当時は転居すれば離婚暦は持ち越されなかったんですね。なのでこの結婚詐欺師は本物の戸籍を見せて、ほら自分は初婚でしょ?アピールをしていたそうです。

 

話を戻して、パーティー当日ですがやはり緊張しましたね。警察の方にはパーティーが終わる時間を伝えておいたので、終了後ビルの上から様子を見守っていました。本当にドラマのシーンのようで両脇を警察に抱えられてパトカーに乗っていったのを覚えています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。書き出すと意外にボリュームがあったので、他のトラブルはまた別の機会に書きたいと思います。

誤解がないように言うと、かなりの数のパーティーを運営してトラブルがあるのはほんの稀ですので安心してお見合いパーティーに参加してください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『サンデーうぇぶり』です。
小学館が運営する新しい漫画アプリで『名探偵コナン』や『犬夜叉』ドラマで人気を博した『今日から俺は』など小学館を代表する超人気マンガを毎日、無料で読むことができます。オススメ!

 

あなたにオススメの記事



Share.