ザ・ファブル 20巻の感想となります。

ネタバレ要素を含むのでネタバレNGな人はご注意ください。

 

これまでのあらすじ

一時は山岡を撃退した佐藤ですが、山岡は佐藤グループ全員をターゲットにすることを宣言。

ユーカリは佐藤陣営に寝返り、アザミはボスの特命で山岡を捕獲しにきたことをカミングアウト。

 

かくして山岡は孤立した状態になりますが、その状態自体を楽しんでいる様子。佐藤たちに宣戦布告し、周囲の人間を消していくと宣言。

これに対し佐藤たちはそれぞれチームに別れて自身や社長、ミサキの身辺を警護します。

「ザ・ファブル 19巻」の感想。戦いの行方

 

砂川に続き水野までも

砂川に銃を向けられたとこで反射的に殺害してしまった山岡。

まあ、これも山岡には想定内でそのことをわざわざ佐藤たちに連絡し状況を楽しみます。

砂川を始末したことを隠して連絡をとったのは水野。

 

水野は以前、山岡たちにアジトを横取りされた経緯があり、何かと山岡の要求を飲まされています。

水野と一緒に車で移動し逃亡を図るわけですが、途中で水野は山岡が砂川を始末していることに気づきます。

 

そして、水野も一緒に消されることに・・・

この時も山岡は佐藤グループに連絡を取り遺体を隠している車の場所を教えます。

 

二郎の足跡を追う

佐藤たちとは別働隊でマツたちが動いてるのは真黒組みの全組長を毒殺した二郎という男の足取り。

かつて二郎が拠点にしていた部屋に行き、手がかりを探しますが偶然見つけたのは京都が消印の切手。

 

かなり望みは薄いですが、京都に潜伏している可能性をかけてマツたちは京都方面を捜索することに。

ちなみに二郎はキノコから毒を生成する技術を持っており、以前テントなどの荷物を持っていたことから京都付近の山で野宿をしているのでは?とあたりを付けます。

 

山岡をあぶり出す作戦に

山岡が水野の遺体を放置している車を見つけたメンバーですが遺体はマツたちが内々で処理することに。

いまの時期に警察に見つかると厄介だからですね。

この時、ヨーコの直感がこれは山岡の罠ではないのか?と感じます。

 

というのも、遺体を処理するとなるとマツに依頼するだろうと。そして、マツが遺体処理をするとなると山に行くだろうと。

そこで山岡が考えたのは水野を乗せた車にスマホを仕込み、GPSで追跡し待ち伏せをすること。

 

ヨーコの読み通り、車にスマホが隠されていることを発見します。

 

しかし、このことを逆手にとってあえてスマホを積んだままにし、GPSで追跡させて襲撃にきたところを返り討ちにしようと考えます。

 

この作戦が裏目に

作戦の概要はマツやクロが遺体処理に向かう車にヨーコとユーカリも同乗し、返り討ちにするというもの。

案の定、山岡は山に誘い出さされるわけですが、ここで想定外の事態が起こることに。

 

車内には銃で武装したユーカリとヨーコ、車外には遺体処理をしているマツやクロ。人数的に有利で山岡を撃退できると思いましたが、まさかのユーカリの裏切り!

 

ヨーコの首を絞めて・・・と良いところで20巻は終了。めっちゃ気になるー!

 

ファブル20巻の感想

人数的にも山岡は一人で動いており、ファブル側が優勢と思いましたがまさかのユーカリの裏切り!

もともと、山岡とユーカリは上司と部下の関係でしたがボスから山岡始末の命令がくだってからはファブル側に寝返ったはずでした。

しかし、ここで山岡側に寝返るとは・・・山岡は組織から狙われる身で、そちら側に付くと自分の身も危険になるのは承知しているはずなんですけどね。

何かの密約があったか、ユーカリの個人的な考えでの行動か・・・続きが気になります。

 

オススメ漫画アプリは?

よく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という漫画アプリです。
無料配信されている作品が多くあり「アカギ」や「僕は麻里の中」など10000冊のマンガが無料で読めます。オススメ!

 

 

あなたにオススメ