ザ・ファブル18巻の感想。ついに山岡と対面!

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

凄腕の殺し屋が社会に馴染むため期限付きで普通の人間に戻ることになる漫画「ザ・ファブル」

これがめちゃくちゃ面白い!ファブルの18巻が出たので、感想を紹介。

ザ・ファブル18巻のネタバレを含む内容なのでネタバレNGな人はご注意を。それではどうぞ!

ターゲットはミサキに

山岡は自分の欲望を満たすために、今回の一連の流れを自分なりに組み立てます。

いかにドラマティックに盛り上げるかが山岡の最大の関心事。

より盛り上げるために山岡が考えたのはヒロインを登場させること。そして、そのヒロインに仕立て上げられたのが佐藤と同じ職場で働くミサキです。

ミサキはよく厄介事に巻き込まれますね・・・

山岡はスズムシ(拉致されたチンピラ)に仲間を使い、ミサキを拉致するように命令。

最終的にはスズムシとユーカリ(組織の殺し屋)がミサキを誘拐しに向かいます。

 

誘拐されるミサキと佐藤

ミサキの誘拐が実行される当日。佐藤は勤め先の社長から、ミサキを送り届けるよう言われます。

社長は佐藤とミサキをくっつけたがっているからですね。

一方のミサキは公園で怪我をした人物を助けようとするのですが、それは演技をしたスズムシ。

背後から現れたユーカリに一瞬で失神させられ、拉致されます。

これを影から見ていた佐藤は通行人のフリをして自分も一緒に拉致されます。

 

役者が全員揃う

たまたま居合わせ目撃したことで拉致された通行人を演じる佐藤。

そして、山岡のアジトに乗り込むヨウコ、マツと役者が揃います。

 

ヨウコは事前にマツに依頼し、サブマシンガンを携行。ピストルよりも高い攻撃力を誇るため特に武装していない山岡たちより有利と思われていましたが・・・

なんとヨウコやマツが持っていた銃には、山岡が仕掛けをしており弾が出ないという事態が発生。

 

全てを知っていた山岡。ただし、1つの誤算が

一時は武器の面で有利と思われていたマツとヨウコでしたが、山岡はマツのアジトを突き止めていて事前に細工をしていました。

これにより形勢は一気に逆転。マツはユーカリにやられ、ヨウコも倒されてしまいます。

ここで山岡は佐藤の登場を待ちわびます。組織のボスが褒めちぎる最高の暗殺者。

今もどこかで機会を伺っているのか?と。

 

ここまで全ての事が順調に運んでいた山岡ですが、1つだけ誤算が。それは先ほどユーカリが拉致してきた通行人が佐藤だということ。

 

ユーカリvs佐藤

すでに佐藤が紛れ込んでおり驚く山岡ですが、さっそくユーカリと佐藤を対決させます。

対峙する両者ですが、山岡の目から見てもユーカリの方が数倍強いように見えます。

しかし、両者が戦いを始めるとユーカリは佐藤に倒されてしまいます。

ここに来て山岡はなぜボスが佐藤を最高の暗殺者と言わしめるのか理由を悟ります。

それは気配だけでなく、強さの気配も消せること。

佐藤がユーカリを倒したところで18巻は終了。次はアザミとの戦いか!?

 

ザ・ファブル18巻の感想

17巻、18巻の前半と山岡の思惑通りに事が進んできましたが後半からファブルの登場で山岡の思惑がじょじょに狂い出した感じがします。

18巻の途中で気になったのが、アザミの行動。

途中で気になって何度も読み返してみたのですが、佐藤側の人間のような振る舞いをしている気がします。

  • ヨウコに上着を渡す
  • ユーカリがマツにトドメを刺そうとした時に、ほっとけと言う

気になって連載誌の方で最新話を読んでみたら、やっぱりアザミは佐藤側の人間でしたw

ますます続きが気になります。

 

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール

Share.