Youtubeがゲーム実況に本気を出した模様。ニコニコのライバルとなるか

youtube

Youtube、vimeo、ニコニコ動画など動画配信サービスは数多くあります。
その中でもYoutubeは言わずと知れた動画配信サイトの雄ですが、ことゲーム配信に関してはニコニコ動画であったり、amazonが買収したTwitchの方が特化しています。

今回はゲーム配信戦国時代の台風の目となるかもしれない、Youtubeのゲーム配信特化サービス『Youtube Gaming』を紹介します。それではどうぞ!

 

Youtubeがゲーム実況に本気を出した模様。ニコニコのライバルとなるか

ゲーム実況もちろんYoutube自体でもゲームの実況動画をアップしている人はたくさんいるのですが、この度Youtubeがゲーム実況配信に本腰を入れるようになりました。

その名もYoutube Gaming。今までのYoutubeが録画した動画の配信であったのに対し、ライブストリーミング(生放送)でゲーム実況動画を配信し、配信者と閲覧者の距離を縮めます。

 

今までゲーム配信は著作権的にグレーな側面があったのですが、今ではその広告力の高さにゲーム会社も配信を認めている所が多いようです。

 

ニコニコの強力なライバルとなるか

ゲーム実況と言えば日本ではニコニコの方が知名度が高いと思いますが、Youtube Gamingはニコニコの強力なライバルとなるのでしょうか。

個人的にはニコニコは日本人の好みにフルカスタマイズされた動画サービスだと思います。イベントも精力的にやっているのでそこにYoutubeが入り込む余地はないように感じます。

しかし、Youtubeが本気で顧客獲得に乗り出してきたら正直分からないですね。配信者は広告料が高い方(儲かる方)、より多くの視聴者が集まるプラットフォームに流れると思うので、こればかりはGoogleの施策次第と言った所でしょうか。

 

ぼっちでのゲームプレイはもはや終わった

今はもうゲームほとんどやらないですけど、昔ゲームやってた頃はぼっちだったんですよ。一人でスナック菓子買い込んでわぁ、楽しいな・・みたいな。

しかし、今ではオンラインやスカイプで簡単に他プレイヤーと繋がることが出来ますし、Play station4の新機能であるシェアプレイも期待大です。

このシェアプレイの機能は、ネットで繋がっている相手にコントローラを渡すことができるような機能です。

配信者『このステージクリアできない!!』

視聴者『俺がクリアしようか?』

配信者『よろしく頼む』

みたいなネット上でまるで隣にいるかのようにコントローラを渡してシェアプレイが出来るという者です。これは絶対楽しいはず。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンワガワン』です。
サンデーでお馴染みの小学館が運営する漫画で『モブサイコ100』や『マギ』『闇金ウシジマくん』など小学館を代表する作品を無料で読むことができます。
驚きなのが全巻イッキ読みという機能で、期間限定で『うしおととら』などの名作が全巻解放されています。オススメ!
Android版をインストール
関連記事