お風呂場のどうしても取れない臭いが気になったらやってみて欲しいこと

furo

シャワーにしろ、湯船にしろ毎日なにかしらお風呂場は利用すると思います。しっかり手入れをしなければ、水垢や排水に汚れが溜まり嫌な臭いがお風呂場に漂ってきます。

しかし、見える範囲をしっかり掃除してもこの嫌な臭いって残ってるんですよね・・原因はどこにあるんでしょうか?

今回は、お風呂場のどうしても取れない臭いが気になった人に試してみてほしいことを紹介します。それではどうぞ!

 

臭いの原因は見えない所にあり

お風呂は定期的に掃除していおり、排水溝や浴槽の汚れもないはずなのにお風呂に入るとカビ臭いにおいがするのは以前から気になっていました。

これ以上、掃除する所ないけど・・と思っているとありました。それは浴槽の内側の部分です。浴槽の側面であるエプロンという部分を取り外すと、中にはカビだらけの浴槽が出てきます。

 

エプロンの取り外し方は意外と簡単

この見えない部分を掃除するには浴槽のエプロンを取り外す必要があります。とは言っても、コツさえ分かればとても簡単で女性でも取り外すことができます。

 

設置されている浴槽のメーカーによっても取り外し方が異なりますが、大体は留め具を外せば簡単に取れるようになっています。

動画で見た方が分かりやすいと思いますので動画を添付します。参考にしてみて下さい。

実際にエプロンを外してみた

自宅はマンションなのですが、動画と同じような手順で外すことができました。下側に留め具が付いていたので、ネジを緩めてエプロンをガコっと外します。

furo1

すると、浴槽の内側の部分が出てくるのですが予想以上に汚い・・・

どうりで見える部分を掃除してもカビ臭いがにおいが取れないわけだと妙に納得してしまいました。

ここから浴槽の留め具も外して、浴槽を裏返しにしたりしてキレイに洗浄していくのですが女性の一人暮らしの方では難しいと思います。筆者が掃除をした時は大人の男2人がかりで行ないました。

furo2

浴槽を無理やり外そうとすると留め具が破損してしまうので、必ず留め具を外してから行なうようにして下さい。

 

浴槽の裏側と防水パンにはカビが一面にビッシリ!髪の毛や、皮脂汚れ、石鹸カスがヘドロのように固まっていました。(汚くてスイマセン)

全部キレイに洗浄して、留め具やエプロンを戻します。見た目には何も変わってないのですがお風呂場からカビ臭いにおいが一切しなくなりました。やはり原因は見えない部分の汚れだったようです。

furo3

まとめ

いかがでしたでしょうか。普段、見えない場所だからこそ掃除が疎かになってしまいます。今回、男2人がかりで挑みましたがエプロンを外す所までは簡単でしたが、浴槽を裏返したりする作業がとても大変でした。

これだけ重労働なら始めからプロの方にお任せするのも一つの手かもしれません。掃除のプロが割安な値段で根こそぎ洗浄してくれるので検討する価値はあると思います。ぜひ参考にしてみて下さい。

関連記事