クラウドソーシングで漫画制作を行う会社『フーモア』が面白い

whomor

クラウドソーシングとは、不特定多数の人が集まるプラットフォーム上で仕事を依頼したり受注したりすることを指します。クラウドソーシングサイトで有名なところで言うと、『ランサーズ』『クラウドワークス』があります。

今回紹介するのは、クラウドソーシングの中でも漫画やイラスト制作に特化したサイト『フーモア

2011年に設立されイラスト制作などで業績を伸ばしてきた企業ですが、新しく2億円を調達して漫画制作事業にも注力するようです。

今回はイラスト・漫画に特化したクラウドソーシングサイト『フーモア』を紹介します。それではどうぞ!

 

フーモアとは?

フーモアは2011年に設立された、イラスト制作に特化したクラウドソーシングサイトです。

ランサーズやクラウドワークスでもイラスト制作の案件はたくさんありますが、フーモアは多くのイラストレーターやデザイナーのリソースを確保することで、大きく業績を伸ばしているようです。

扱っている内容は『イラスト制作』『3DCG制作』『音楽制作』『漫画制作』など多岐に渡ります。

今回、漫画制作の事業強化のため2億円の資金を調達したようですが今後の展開が楽しみですね。

 

企業はクロスメディア展開をしやすくなる

例えば、アプリの開発技術を持ってはいるがキャラデザなどのリソースを確保できていない企業がフーモアは利用するわけですが、漫画制作も依頼することでクロスメディアの展開もしやすくなります。

漫画制作のノウハウがない会社でも、構想があれば漫画制作を出来てしまうわけですね。

実際に連載を持っている漫画家さんを抱えているそうで、制作された漫画もかなりクオリティが高いです。

イラストに自信がある人は登録してみると面白いかも

キャラデザやイラストに自信がある方はフーモアのイラストレーター募集に応募してみるのも面白いかもしれないですね。

クラウドソーシングというプラットフォーム上の性質上、手数料を企業側に取られてしまうというデメリットもありますが、豊富な案件を独力で確保するのは難しいのでこういったプラットフォームを利用して腕を磨くのも良いと思います。
whomor2

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回、イラスト制作に特化したクラウドソーシング『フーモア』を紹介しました。

自社案件で漫画制作のプロジェクトを立ち上げたい人、イラスト制作の仕事を受注してみたい人など興味ある方は参考にしてみてください。

オススメ漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『マンガBANG』という無料漫画アプリです。 全巻無料対象の試し読みという機能があって、筆者はこれでカイジを1~53巻まで無料で読みました。オススメです。
※1日に無料で読める話数には上限があります。
iOS版をインストール
Android版をインストール

関連記事