いくつ知ってる?バレーボール漫画のおすすめ11選!

Google+ Pinterest LinkedIn Tumblr +

漫画はたくさんあるけれど、その中でバレーボールを題材とした漫画もたくさんあります。

今回はそのバレーボール漫画の中からおすすめの漫画をまとめました。

あなたはいくつ知ってる?おすすめのバレー漫画を紹介します。それではどうぞ!

 

ハリガネサービス

狙った所に自在にサーブを打てるというサーブの名手を主人公とした高校バレー漫画。

チートのような能力だけど、下平はアタックが打てなくてひたすらサーブを練習していたら現在の技術を取得したという変わり種。

主人公の下平と一緒に入部してきた他の3名のメンバーも一癖も二癖もある面子ばかりだが、1年生やそれ以外の先輩メンバーも個性派揃い。

現在も週刊少年チャンピオンで連載のバレーボール漫画ですが、とにかく面白い!

まだ読んだことがない人はぜひオススメしたいバレーボール漫画の一つ。

『ハリガネサービス』このバレー漫画が面白い!

 

ハイキュー!!

こちらは知っている方はとても多いはず。

週刊少年ジャンプを代表する大人気漫画で、アニメ化もした人気作。

元強豪校である宮城県の烏野高校。

小さい頃にこの高校の試合をテレビで見た青年・日向は烏野高校のエースである「小さな巨人」に憧れ、同じ高校の門を叩く。

そして同じ時期に入部した同級生の影山。彼は中学時代「コートの王様」と呼ばれる天才セッターであった。

セッターの天才と小さいながらも凄まじいポテンシャルを秘めたこの2人の活躍を描いた王道バレーボール漫画。

ハイキュー!!公式サイト

 

神様のバレー

コートで活躍する選手にスポットを当てたバレーボール漫画ではなく、バレーボールの監督が主人公の漫画。

バレーボール版ジャイアントキリングとでも言いましょうか。

社会人バレーボールチームのアナリスト(参謀のようなもの)阿月が日村化成という大きな会社の会長に持ちかけられた掛け。

「負け続けのバレーボールチームを全国優勝させれば、全日本男子の監督の椅子を用意する」

内に野望を秘めていた阿月はその賭けに乗るも実際にチームを見てみると、なんとそのチームは中学バレー。

騙されたと思った阿月ですが、持ち前の策略を駆使しこの万年敗退校を常勝軍団に改造していきます。

まさにジャイアントキリング・・・おすすめ!

データバレーで全国を獲る!バレー漫画『神様のバレー』が面白い

 

少女ファイト

今度は女性が主人公のバレーボール漫画「少女ファイト」

中学時代、鬼のように強かった主人公大石練(ねり)の高校バレーを描いた漫画。

あまりの強さ・厳しさに中学バレーでは周囲が付いていけず、高校ではこれを反省して大人しく過ごしていたがその才能は隠しきれずに・・・

 

熱血バレーボール漫画でもありますが、高校に進学する際にバレーボールを始めるキッカケとなった姉(姉も有名なバレーボール選手)を亡くすなど、バレー以外の人物描写も面白いです。

 

一度はバレーボールを辞めようと思った女の子が、バレーボールに復帰し活躍していく様子を描いた漫画。まじで面白い。

 

リベロ革命!!

リベロかくめいじゃないよ、リベロレボリューションだよ。

バレーをするには身長が足りない主人公が弱小バレー部に入部し、そこから強豪校をなぎ倒すまで成長していくバレーボール漫画。

とは言っても主人公の幹本要は身長こそ低いが、バレーボールの実力は一級品。

彼が入学した青海高校は万年1回戦負けの弱小校であるが幹本の必死にバレーボールに取り組む姿に動かされて他の部員達もメキメキと実力をつけて行く。

 

その娘、武蔵

身長184センチとまさにバレーボールをやるために生まれたような主人公・兼子武蔵。

彼女は中学時代、バレーボール部に所属しトップに君臨していました。

しかし、高校進学と同時に部活への意欲が失せてしまいます。

周囲がなんとかバレーボールに入るよう進言しますが・・・

 

千年万年りんごの子を描いた田中相先生によるバレー漫画。

りんごの子を読んだことがある読者からすると、「え?田中先生がバレー漫画??」と思うかもしれませんが、全くの別ジャンルになっても面白い。

 

殺し屋サムのバレーボール

これまで王道のバレーボール漫画を紹介しましたが、ここでちょっと変わり種を。

記憶を失くした凄腕の殺し屋がなぜかバレーボールに参戦してしまうという設定の漫画。

変わり種とは言っても、しっかりバレーボールの描写が描かれておりその設定と描写のギャップに二度驚かされます。

あとギャグ要素もたくさんあるので、読んでいて必ず笑ってしまう人もいるはず!

 

アタック!!

大島司先生によるバレー漫画。

その運動センスの高さから様々な部活の助っ人として活躍していた加藤と天才セッターと呼ばれていた金子。

このライバル同士の邂逅が、後に掛川高校バレー部の原動力になっていく漫画。

未経験だけど身体能力の高い主人公と、バレーを続けてきてその実力が評価されている1年生同士という設定。

スラムダンクのバレーボール版のような感じですが、熱い、そして面白い。

 

健太やります!

週刊少年サンデーで掲載されていたバレーボール漫画。

他のバレーボール漫画と違うのは主人公の健太にこれと言った才能やポテンシャルがないということ。

彼の武器はその粘り強いプレーと、レシーブ。レシーブに関しては(というかレシーブだけ)天才的な才覚を持っており、彼と、そして彼が率いるチームが強豪を打ち倒して行くという漫画。

 

はるかなレシーブ

バレーはバレーでも今度はビーチバレーを題材とした漫画。

女の子なのに身長が高すぎることが悩みの主人公と、身長が伸び悩んでバレーへの道を諦めかけている女の子が沖縄で出会い、ビーチバレーのタッグを組んで行くという漫画。

絵が綺麗なことと、ちょい百合要素が入った漫画。

 

不沈アタッカー

週刊ヤングマガジンで連載されていたバレーボール漫画。

作者の粂田晃宏先生は自身も高校・大学でバレーボールをプレイしていたこともあり、描写がリアル。

怪物と言われた新木の後を追って入学した主人公・海野。

その海野が繰り広げて行く王道の青春バレーボール漫画です。

ちなみに全5巻で完結しており、サクッと読めて面白いです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、おすすめのバレーボール漫画をまとめて紹介しました。

バレーボールを題材とした漫画はたくさんありますが、その中でも筆者の独断と偏見で選びましたがどれも面白いですよ。まだ読んだことのない方はぜひ読んでみてください。

無料で使えるオススメの漫画アプリは?

twitterでよく『オススメの漫画アプリは?』と聞かれるのですが、オススメは『ピッコマ』です。
すでに500万ダウンロードを突破していて、無料で漫画を読むことができる、しかも広告なし!というコンセプトが面白いです。
進撃の巨人や亜人など漫画好き必見のアプリです。オススメ!
Android版をインストール

スポンサーリンク

Share.